記事詳細 1件表示

【特報】あの乗換案内とリアルタイム検索が経験者採用を開始!

2015年8月31日 10:30

こんにちは!

いつも Yahoo!乗換案内 (以下、乗換案内)と Yahoo!リアルタイム検索 (以下、リアルタイム検索)をご利用いただきましてありがとうございます。
本日はこの2つのサービスから重大な発表をさせていただきます。

なんと乗換案内とリアルタイム検索は

......

エンジニアの経験者採用を始めます!
そこで開発現場と職場環境をご紹介したいと思います。

乗換案内の開発現場ってどんなところ?

「作って、動かして。直して、また動かして」

そんな「あーでもないこーでもない」をワイワイと繰り返す。
企画・制作・開発などの職種関係なく、とにかくみんなでディスカッションをしながら開発していくのが乗換案内の開発現場です!
試行錯誤を重ねてリリースしたものがレビューなどでいい評価をいただけたときは本当にうれしくなります。
そんなユーザーファーストのものづくりを実践していった結果、日本最大級の乗換案内アプリにまで成長できました!

乗換案内ではスマートフォンアプリエンジニアを募集していますが、単にスマートフォンアプリの開発といってもiOSやAndroidアプリの開発だけにはとどまりません。
使用するWebAPIについても自分たちで設計、開発をしています。
なので、アプリ、サーバーサイドなど幅広い知識と経験を身につけることができますよ!
また毎年AppleのWWDCに参加するなど、社外に飛び出しての活動ができるのも特徴です。

リアルタイム検索の開発現場ってどんなところ?

「今起こっていることを全て可視化する」

それがリアルタイム検索のミッションです。
TwitterやFacebookから送られてくる膨大なデータ。それはそれはものすごいデータ量です。
このデータを「情報」にし、世の中の楽しく便利にする。
これがリアルタイム検索のお仕事です。

  • 流れてくるツイートを解析してバズワードを抽出し、今何が盛り上がっているのかを可視化
  • 路線に関してのツイートを解析して、電車の遅延状況を可視化
  • ツイートの感情を分析して、トピックがポジティブに語られているのかネガティブなのかを可視化
  • 現在放送中のテレビ番組に関するツイートを抽出し、番組に関する反応を可視化
  • etc......

ユーザーに提供したいのは単なる「ツイート検索」ではなく、「リアルタイム検索」。
検索キーワードに関するツイートを表示することはもちろんですが、膨大なデータのなかから価値あるものをいかにみつられるか。
職種を超えて、試行錯誤と議論しながら開発していく毎日なのがリアルタイム検索の現場です!


スマートフォンアプリや、Webサイトの開発はもちろんのこと、
リアルタイム検索では大規模システムの開発と運用やデータ処理技術、検索エンジン、サイエンスなど幅広く使っているので多くの経験を積むことができますよ!

職場環境

職場環境ですが、一言でいうと「明るい!」です。
静まり返った雰囲気はあまりなく、座席も企画・制作・開発が混ざって座っているため、気軽に誰とでも話ができる環境だと思います。
仕事の話はもちろん、ときには雑談も!(そして無駄に盛り上がりすぎるときも......笑)
活発なコミュニケーションでいろんな人の意見を多く取り込み、開発していけるような環境ですよ!

最後に

どれか1つでもピンと来た方、ぜひ私たちと一緒に世の中を便利に、ちょっと楽しくしてみませんか。
乗換案内募集要項は こちら
リアルタイム検索募集要項は こちら
皆さまのご応募、お待ちしております!

カテゴリー:スタッフブログ

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > 【特報】あの乗換案内とリアルタイム検索が経験者採用を開始!