2005年10月の記事一覧

Yahoo!カテゴリへの登録とYST

2005年10月31日 20:16

Yahoo!検索Projectです。 Yahoo!検索リニューアル後、取材などで聞かれることが多いのですが、このことについてコメントします。

リニューアルまでのYahoo!検索では登録サイトがまず最初に表示されるダイジェスト表示でした。それが今はYSTのウェブ検索結果が表示されるようになり、登録サイト検索はメニューの一つになっています。結果、Yahoo!カテゴリに登録することはウェブマスターにとってどういう意味を持つようになったのか?という問いです。

まず、YSTは純粋にアルゴリズムによって表示される検索結果であり、検索順位は、検索キーワードにもっとも関連性の高い内容を持ったページから順にランクされるようになっています。これは大原則で、そのランキングを恣意的に動かすことはありません。

以上を踏まえた上で、Yahoo!検索が登録サイトをどう考えているかを説明します。

■人が審査したページである

Yahoo!検索を使われるお客様からの要望として、「人が審査したページでないと安心できない」といったことをよく伺うのですが、それをわかりやすく表すために、Yahoo!検索結果において、登録サイトには登録先のカテゴリをアイコン付きで表示しています。これは関連サイトを探すためのナビゲーションでもあり、Yahoo!によって審査済みであるということをお客様に伝えるためのマークになっています。

■日本語ウェブにおいて最大規模のサイト分類情報データベースである

サイトの内容を、サイトのテキスト情報やリンク情報などから推定するのが検索エンジンの基本的な仕組みですが、Yahoo!サーファーによって登録サイトに付加されるメタ情報(登録先カテゴリ等)は、ランキング最適化に有用と考え、活用しています。今後コンテンツ分析を深化させていくにあたり、その利用価値はより深まっていくと考えており、データベースの充実をはかっていきます。

■YST以外でも縲恊齧蛹沚ナの活用

ネット上の商品・価格情報を網羅的に検索できるYahoo!商品検索<https://kainavi-search.yahoo.co.jp/>での一例ですが、Yahoo!登録サイトに限定して、商品データのフィードを受け付けています。もちろん登録サイトに限らず広くクローリングによる情報収集も行っていますが、価格や商品名などのデータの正確性、即時性に関してはフィードが有利です。
商品フィードをYahoo!登録サイトに限定するのは、登録されたサイトが通販法や薬事法などをチェックする審査過程を通過済みのサイトだからです。このように審査済みのURLデータは各種専門検索の展開にも役立っています。

Yahoo!商品検索 > 商品情報の掲載に関して
https://kainavi-search.yahoo.co.jp/docs/product_data.html

Yahoo!検索Projectです。

本日Yahoo!検索のモバイルウェブ検索をリニューアルしました。今までの、登録サイトのみを対象にしたモバイル検索から、携帯電話向けのウェブサイトをロボットが探してきたモバイルウェブ検索を統合した新しい検索に生まれ変わりました。

情報収集ロボットの採用により、モバイルウェブサイトのインデックスが一気に大きくなり、今まで以上に皆様がサイトを探しやすくなっています。

探したい情報がある時はいつでもどこでも膨大な情報にアクセスできるようになります。リニューアルしてパワーアップした、Yahoo!検索の新しいモバイルウェブ検索を是非活用してください。

http://mobile.yahoo.co.jp/ からケータイにURL情報を送るか、直接お持ちのケータイから http://www.yahoo.jp/ にアクセスしてみてください。

この検索エンジンは日米Yahoo!の共同開発によるものですが、ウェブの検索エンジンと違って、情報収集時にいかにモバイルサイトを見分けていくかが開発上の大きな課題でした。一方で、規模をどんどん拡大していくためにパフォーマンス(スピード)も確保していかなければいけません。検索精度も重要です。どれも難しいテーマでしたが、日米両者のアイデアをだしあい、リリースにこぎつけることができました。これからも精度や機能の向上を続けていきますので、よろしくお願いいたします。

Yahoo!モバイル http://www.yahoo.jp/

ダイレクト検索とクイズ?

2005年10月26日 20:05

テレビなどのさまざまな媒体と一緒に面白いことを展開中のYahoo!検索ですが、 今日は、ダイレクト検索(https://search.yahoo.co.jp/promo/direct.html)を活 用した事例を紹介しましょう。

TBS系列で放送中のTV番組「世界バリバリ☆バリュー」とYahoo!オークションが
行っている、
「バリバリ☆セレブの基礎知識クイズ」。
http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/baribarivalue/index.html

週に4回更新されるクイズに正解すると、先着でセレブグッズの1円オークション
に参加できるというもので、回答は、Yahoo! JAPANの検索窓に答えを入れて最後
に「!」をつけて確かめます。

ちなみに1問目のクイズは、、、
10月19日の放送に出演した、今田美奈子さんがお持ちの湯河原の別荘。
ある有名建築家が作ったものでしたが、その建築家のファーストネームは? 




このブログを読んでくれた方に、特別に答えを教えると、
正解は、「ジョサイア・コンドル」という建築家。

検索窓に、
ジョサイア!
と入力して、検索すれば、次の問題に進めますよ。
(この設定は期間限定です。)


最後に、この「Yahoo!検索 スタッフブログ」もダイレクト検索の設定をしました。
検索スタッフブログ!
と検索するとダイレクトにこのブログページに飛べます。
ぜひ一度、お試しください。

検索と翻訳の融合[海外編]

2005年10月25日 19:47

本日は、前回の「検索と翻訳の融合」の海外編です。

Yahoo! JAPANの翻訳検索と同じようなサービスが、ドイツ、フランスのYahoo!でも始まっています。

ヨーロッパは地理的にも文化的にも近い国が集まっており、言語は違えど検索する情報も近いそうです。また、ドイツ語、フランス語で書かれたウェブサイトがもともと少ないため、単一の言語での検索ではほしい情報が見つからないことも少なくないそうです。

このような背景から、ドイツ・フランスでも翻訳検索が始まりました。

ドイツ・フランス版翻訳検索は、英語・ドイツ語・フランス語の検索インデクスを統合しています。統合することによって、検索でヒットする対象が大幅に増加するのです。検索結果は、ドイツ版翻訳検索だったらドイツ語に翻訳して表示されます。

どちらも現在ベータ版ですが、Yahoo! Inc.の企画担当者によると、「利用状況をみつつ、他の言語圏での導入も検討していきたい」とのこと。

言語をまったく意識することなく、自由にウェブを検索したり、閲覧、コミュニケーションがとれるようになる日はそう遠くないかもしれませんね。

ドイツ・フランス版翻訳検索にご興味のある方は、下記のページからご利用ください。

Yahoo! Suche Deutschland(ドイツのYahoo!検索)
http://de.search.yahoo.com/
→ 検索窓下部にある「Suche Translator」のチェックボックスにチェックを入れて、検索してください。

Yahoo! Search France(フランスのYahoo!検索)
http://fr.search.yahoo.com/
→ 検索窓下部にある「Recherche multilingue」のチェックボックスにチェックを入れて、検索してください。

検索と翻訳の融合

2005年10月24日 20:12

前回は「検索と翻訳の連携機能」をご紹介しました。 今回は、検索と翻訳を融合させたサービスをご紹介いたします。

海外のサイトを検索するときに、そもそも検索キーワードを思いつけないという場合があります。

1. キーワードを日本語で考える
2. そのキーワードを翻訳する
3. 翻訳したキーワードを検索窓に入力する
4. 検索を実行する
5. 検索結果が表示される
6. 検索結果を翻訳する
7. サイトを開く
8. サイトを翻訳する
etc...

という手順を踏まなければ欲しい情報を得ることができません。
検索と翻訳を融合させたサービスである「翻訳検索<http://honyaku.yahoo.co.jp/search>」は、この手間を解消します。

使い方はとても簡単。検索窓に日本語キーワードを入力して検索するだけです。

日本語キーワードで、英語や中国語、韓国語のサイトを検索することができ、検索結果も日本語に自動翻訳して表示します。しかも、検索結果から各サイトを開く際も、ぽちっとクリックするだけで翻訳された状態でサイトが開きます。

日本語で世界中の他国語のウェブサイトを検索し、日本語でページを閲覧できるのです。もちろん検索エンジンは、Yahoo! Search Technology。

海外サイトを検索したい・読みたいと思ったら、「翻訳検索<http://honyaku.yahoo.co.jp/search>」をぜひご利用ください。本URLをブックマークいただくか、Yahoo! JAPAN<https://www.yahoo.co.jp/>検索窓下の「検索メニュー」リンクから、検索ホームページ<https://search.yahoo.co.jp/>にアクセス、検索ボタン下にある「翻訳検索」リンクをたどることでアクセスできます。

Yahoo!翻訳 - 翻訳検索
http://honyaku.yahoo.co.jp/search

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > 月別アーカイブの一覧>2005年10月の記事一覧