2005年11月の記事一覧

Yahoo!検索Projectです。

今回は、Yahoo!商品検索の便利機能、第2弾です。

1)価格帯絞込み
2)推奨検索ワード
3)表示形式の切り替え

をご紹介します。

「価格帯絞込み」は、商品を検索した際に検索結果の商品の価格帯を指定して、対象
商品を絞り込める機能です。
たとえば、バラのお花をプレゼントしたいんだけど、予算は20,000円以内ぐらいに抑えたい......
なんてこと、ありますよね。
そんなときは、検索条件設定で「価格帯」に予算を入力して絞り込んじゃいましょう。
https://kainavi-search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%D0%A5%E9&pf=18000&pt=20000

これで予算もばっちりクリアです♪


「推奨検索ワード」は、キーワード検索を行なう際、間違ったキーワードで検索してしまったときに、
「実はこんなキーワードで検索したかったのでは?」というキーワードを表示する機能です。

たとえば、スターウォーズの「ライトセーバー」を探したかったんだけど、
「ライトセイバー」で検索してしまった......
なんて場合に、「お探しのものは、『ライトセーバー』関連の商品ですか?」
というガイドでアドバイスします。
https://kainavi-search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC

最後に、表示形式の切り替えです。検索結果の上のほうに「縦横に表示」という表示
形式を切り替えるリンクが存在します。このリンクをクリックすると、検索結果が通
販カタログのように眺めて探せるように表示されます。何か検索をして、検索結果の
上のほうにある「表示形式: 一列に表示 | 縦横に表示 」を切り替えることで、普
通の検索結果と縦横表示とに切り替えることができます。お好みに合わせて切り替え
てみてください。


これから、ボーナスやクリスマスなどのシーズンになるかと思いますが、商品を探
す際には、ぜひぜひご活用くださいませ。

そのほか、便利な機能をいろいろと企画中ですので、ご意見・ご要望お寄せください。

Yahoo!商品検索
https://kainavi-search.yahoo.co.jp/

Yahoo!検索Projectです。

前回、「Yahoo!商品検索のアイテム数が1700万件を突破しました」という記事を書きましたが、
今日は、Yahoo!商品検索で追加した便利機能をいくつかご紹介したいと思います。

・関連キーワードの提示機能
・カテゴリ指定による絞込み

「関連キーワードの提示機能」は、入力されたキーワードに対し、よく使われているワードのセットを
いくつか表示し、商品を探す際の手助けをする機能です。

たとえば、コートで検索した場合には、
https://kainavi-search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%B3%A1%BC%A5%C8
「コート メンズ」「コート ニット」といった、キーワードが表示されるようになっています。
例えば、提示された「コート ニット」をクリックすると、毛皮のコートなどは表示されなくなります。キーワードを付け足して、検索結果を絞り込むと、じゃまな検索結果が消えて、ほしいものだけが検索結果に残るようになるという便利機能です。

この機能は、絞込みだけではなく、どんなものが今検索されているかを知る手がかりにもなります。
例えば、「クリスマス」で検索すると、イルミネーションやオーナメントを探している人が多いことに気づきます。また、メーカー名やブランド名を入れれば、今売れている商品を知ることもできます。ちなみにこのデータは毎日更新されています。

次に、「カテゴリ指定による絞込み」ですが、キーワードで検索した場合に、検索結果が数千件みつかると困ってしまうもの......そこで、自分の探しているものは「家電、AV機器」カテゴリの商品だとジャンルがわかっているようであれば、カテゴリを指定することで、検索結果の商品を絞り込むことができるようになります。

検索をしようとするとき、どんなキーワードを入れたら良いのか、思いつかないことが多いと思います。そういう時は、まずは思いついたキーワードをそのまま入れてみてください。そこからさらに、関連キーワードやカテゴリを指定すると、探している商品がきっと見つかります。

Yahoo!商品検索
https://kainavi-search.yahoo.co.jp/

Yahoo!検索Projectです。

今日はYahoo!商品検索<https://kainavi-search.yahoo.co.jp/>の商品数拡充の話題です。
Yahoo!商品検索は今年の2月17日よりベータ版としてサービスを開始し、機能追加をしながらインデックスの拡大を続けてきました。

Yahoo!商品検索は、自分では何も売っていません。ただ、インターネット上にあるあらゆる商品を検索できる商品専用の検索サービスです。

この「インターネット上で」というところがミソで、Yahoo!商品検索では、Yahoo!ショッピングなど、特定のオンラインモールに限らず、あらゆるオンラインショップで販売されている商品を検索することができます。その商品数が1700万件という規模に成長したのです。

何かモノを買うときには、「何を買うか」も大切ですが、「いくらで買うか」「どこで買うか」もすごく大切ですよね。そんなときに商品検索の網羅性が役立ちます。

このクリスマス、こだわりのプレゼントで相手を驚かせたい......
ボーナスで前から欲しかった○○を買いたいが、価格相場を知って作戦を練る......

というとき、商品検索をぜひ使ってみてください。

アクセス方法はYahoo!商品検索<https://kainavi-search.yahoo.co.jp/>に来ていただくか、
Yahoo!検索 <https://search.yahoo.co.jp/>の「商品」と書かれたタブをクリックしてご利用ください。

検索技術としては、まずこれだけの規模のアイテムを集めるクローラーの性能が重要になりますが、もっと重要なのは、YSTなどの一般のウェブ検索と違い、オンラインショップにさまざまな形式で提示された商品名・価格情報等を、正確に取得する部分のノウハウが重要です(たとえば<Table>の組み方もいろいろです)。そのあたりも今後紹介していきたいと思います。

また、クロールするだけではなく、商品データをTSVなどの形で確実に提供いただく、フィードという手段も準備しています。商品情報の掲載に興味がある方は下記をごらんください。

商品情報の掲載に関して
https://kainavi-search.yahoo.co.jp/docs/product_data.html

Yahoo!検索Projectです。

先週の金曜日、CNETJapanのイベント「CNET Japan Innovation Conference 2005 Autumn 次世代ウェブの検索サービスを探る」にて、Yahoo!検索Projectメンバーである井上・宮崎がいろいろお話させていただきました。
記事にまとめられていますので、ぜひごらんください。

ヤフーが大転換する「ソーシャルメディア」の正体--第一歩はAPIの公開
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20091218,00.htm

ポータル大手6社が探るモバイル検索の可能性--CJICイベント
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20091206,00.htm

記事中で紹介していますが、Yahoo!カテゴリのリニューアルやAPIの公開を近日に予定しています。お楽しみに!

Yahoo! JAPAN検索Projectです。

昨日は社内セミナーの様子をレポートしましたが、私たち検索スタッフが社外で講演を
することも時々あります。
11月19日(土)からデジタルハリウッド大学で学園祭が行われるのですが、検索スタッフのひとりで
「検索の鉄人」としても知られるサーファー部の関裕司がトークイベントに参加します。

デジタルハリウッド大学
http://www.dhw.co.jp/un/

デジハリ祭
http://www.dhw.co.jp/un/gakuensai/

前半では関による検索のテクニックやYahoo! JAPANの様々な使い方の紹介、後半は人気ブログ
「Passion For The Future」の運営者でデジタルハリウッド大学の教員でもある橋本大也氏との
トークセッションを予定しています。
興味のある方はぜひご参加ください。

デジハリ イベント予約ページ
https://www.dhw.co.jp/school/event/event.php?SchoolID=daigaku
※参加は無料ですが、予約が必要です。

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > 月別アーカイブの一覧>2005年11月の記事一覧