2006年2月の記事一覧

Yahoo!カテゴリのAPIを公開!

2006年2月28日 20:16

Yahoo!検索Projectです。

本日、Yahoo!デベロッパーネットワーク<https://developer.yahoo.co.jp >に、Yahoo!カテゴリAPIの第一弾としてディレクトリツリーAPIをリリースしました。

Yahoo!カテゴリWebサービス
https://developer.yahoo.co.jp/category/

技術担当の、まさいちがご紹介します。

今回公開したディレクトリツリーAPIは、Yahoo!カテゴリ<https://dir.yahoo.co.jp/>が蓄積したカテゴリデータと登録サイトデータを使うことができるAPIです。Yahoo!カテゴリは、1996年にヤフー・ジャパンのサービスを開始して以来、多くの優良サイトをカテゴリごとに分類、登録してきました。そして、現在も、多くのお客様にご利用いただいています。

登録サイトが増え、カテゴリが大きくなる一方で、Yahoo!カテゴリは2度の大規模なリニューアルを行ってきました。その時には、深いカテゴリでもたどりやすいように、スクリプトを用いたインタラクティブなインターフェイスも検討するのですが、一人でも多くの方にご利用いただけるよう、パソコンやOSの環境の違いを考えて、あえて導入してきませんでした。しかし一方で「もっとダイナミックなUIでYahoo!カテゴリを使いたい」といったようなご要望もいただいていました。

それで、今回のYahoo!カテゴリディレクトリツリーAPIの公開で、たとえば「Yahoo!カテゴリAjax版」や「デスクトップ版Yahoo!カテゴリ」などを作っていただける環境をご用意しました。もちろん、このAPIの使い方は、使っていただくみなさまの自由です。「あっ!そういう使い方があったか!」というアプリケーションをぜひお寄せください。

このAPIの使い方について、ご質問などありましたら、Yahoo!グループにお寄せください。
https://developer.yahoo.co.jp/community/
みなさんと一緒にYahoo!カテゴリをHackし、いろいろなアプリケーションを紹介していけたらと思います。

そして、もう一点。今回のディレクトリツリーAPIはYahoo!カテゴリの「第一弾」です。みなさんからお寄せいただいたアプリケーション、そしてご要望を伺いながら、次の「第二弾」をご用意したいと思います。

よろしくお願いします!

オリジナルのサイズの画像を見る場合はクリックしてください。

Yahoo!検索Projectです。

本日、ローマ字を含めた英語スペルチェック機能を大幅に強化しました。これは、従来の英語のスペルミスに対応するスペルチェックに加えて、ローマ字など、日本語を母国語にする人がよく間違えるスペルミスに対応しています。

英語のブランド名称や英単語で検索をしたいが、なんだかウロ覚えでつづりに自信がない!そんな時でも大丈夫。ウロ覚えのまま適当に入力しても、あるいはローマ字まじりで近そうなものを入力すれば、正しいスペルを提示してくれます。

burogu ⇒ blog (ブログ)
https://search.yahoo.co.jp/search?p=burogu&ei=UTF-8

shuwarutunegga ⇒ schwarzenegger (人名の「シュワルツネッガー」です)
https://search.yahoo.co.jp/search?p=shuwarutunegga&ei=UTF-8

orinpic ⇒ olympic (オリンピック)
https://search.yahoo.co.jp/search?p=orinpic&ei=UTF-8

検索の未来

2006年2月19日 7:30

Yahoo!検索Projectです。

先週末は、「検索の未来はどうなる?」というテーマで、会社の外で集まって丸一日ディスカッションしました。
Yahoo!検索Projectでは、昨年から「ソーシャルメディア」というコンセプトを紹介しはじめたわけですが、


ヤフーが大転換する「ソーシャルメディア」の正体--第一歩はAPIの公開

そういった情報検索の大きな流れを抑えながらも、楽しくなくてはダメだとか、日常に近いところから考えるともっと別の見方があるだとか、世代の違いも大事だとか、自由に意見を戦わせました。

プロジェクトメンバー全員集まれれば理想なのですが、人数が多くてとてもムリなので、検索企画室のメンバーを中心に、各分野の代表が集まる形で開催。丸一日話して答えがでるわけではないのですが、次はコレが大事だからこう進んでいくんだ、という意図をプロジェクト全体で共有していくことはとても大切だと感じました。また、先が見えない分、その方向性を間違えることはあたりまえのようにあるわけですが、できるだけ納得ずくで進んでいきたいですからね。

Yahoo! Search Blog(米国)でも検索の未来に関してのエントリーがあります。

Search in the Future
http://www.ysearchblog.com/archives/000242.html

今年はどんなことがおこるのか、本当に楽しみです。

先日、Yahoo! KOREAから検索チームを迎えてミーティングをしました。両国の検索事情を紹介しあい、その中でどのようにプロダクトを開発していくか、ビジネスを進めていくかなど、長時間にわたってディスカッションしました。

韓国は、世界中で最もブロードバンド化が進んでいる国の一つで、インターネットサービスの進化が非常に速く、また独特の展開を見せている国です。私たちとしても非常に参考となる話がたくさん聞けました。その中でいくつか印象に残るプロダクトがありましたので、ここで紹介していきます。

Yahoo! KOREA "YAMMY"
http://kr.multimedia.yahoo.com/
(韓日翻訳) http://honyaku.yahoo.co.jp/url

これは使っているお客様が自分が撮影した動画をどんどん投稿できるサービスです。特に私が気に入ったのは、この動画です。(動画再生ソフトのインストールが必要です)

http://kr.mms.search.yahoo.com/search/videobox?p=%B0%ED%BE%E7%C0%CC+%BE%C8%B8%B6&b=2&z=score&oid=00884&subtype=com&target=detail

和みます……

他にもおもしろそうな動画がたくさん投稿されていますよ。トップページからサムネール画像をクリックしていくだけで楽しめますので、ぜひ韓国インターネットを体験してみてください。韓日翻訳にはYahoo!翻訳 - ウェブ翻訳<http://honyaku.yahoo.co.jp/url>をどうぞ。

Yahoo! JAPANのメイン検索と連携して使えるサービスですが、ここ数年で非常に増えてきたため、一覧できるページが欲しいという声をいただいております。そこで本日、下記のページをアップしました。

検索サービス一覧
https://search.yahoo.co.jp/promo/services.html

簡単な紹介ページですが、是非一度ごらんください。そして、Yahoo!検索が提供しているパワフルな検索機能を120%使い切っていただければと思います。

ログデータを見ていると、ほとんどのお客様がメインのウェブ検索のみを使われているのですが、検索する内容によって、ニュースや知恵袋、エリア、商品検索などもあわせて使うことにより、ぐっと深い情報検索が可能になります。

その他にも、ダイレクト検索や翻訳、ツールバーなど、知っていれば何倍も便利にインターネットを使えるようになります。

とにかく一度ごらんいただき、ぜひ各機能をお試しください!

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > 月別アーカイブの一覧>2006年2月の記事一覧