記事詳細 1件表示

Oracle OpenWorld Tokyo 2006 にて

2006年3月 7日 11:54

Yahoo!検索Projectです。

去る3月1縲鰀3日、東京国際フォーラムで行われたOracle OpenWorld Tokyo 2006で、Oracle社によるイントラネット向けの検索エンジンが発表されました。参加したエンジニアの西方がレポートします。

まず、今回のイベントでは、「ポータルサイトだけではない、サーチビジネスの現状と今後」と題した、Oracle社、ポータルサイトをはじめとする検索界の著名人によるセッションが開催され、ヤフー・ジャパンから、井上俊一検索企画室長が講演を行いました。

「現状のサーチでは、欲しい答えのあるサイトにたどり着くための検索ワードを試行錯誤しなければならなかったり、過去に訪れたことがあるサイトなのに、どうやってたどり着いたか忘れてしまうといったような問題があります。また、検索インデックスやランキングに対するフィードバックができないので、検索結果が多すぎてどこに答えがあるかわからなかったり、検索結果の表示順位に不満があるような場合でも、利用者はどうすることもできません。これからのサーチでは、現状のサーチの弱点の補ってさらに便利なものにするため、利用する人の好みや環境で検索結果が異なるPersonalサーチと、Personalサーチによる個人の検索結果を仲間同士で共有できるSocialサーチを実現することを目指していきます」

一部抜粋ですが、上記内容を講演させていただきました。
私たちもサーチ以外のログインサービスと連携する可能性などを考え始めるとワクワクして止まらなくなってしまいます。

また、セッション内の早稲田大学の山名早人教授の講演でとても興味深い内容がありました。

現在のインターネット上には142億ページものテキストデータがあると言われていますが、動的ページを含めると354億ページにもなるそうです。
これらのページの繋がりを分析すると、各ページはバラバラに点在していると思いきや、巨大な母集団があって、それを取り巻く形でほとんどのページが結ばれているというから驚きです。
山名教授の研究室ではすでに120億ページ分の収集が終わっているそうで、
これを利用して何をするのかとても楽しみです!

そして、山名先生が検索エンジンの面白い使い方を発表されていたのであわせ紹介させていただきます。

デジカメを買って最初に撮った画像を検索する方法です。

デジカメを使っている方はご存知だと思いますが、例えばSONYのデジカメの場合、写真を撮ると「DSCxxxxx.jpg」のようなファイル名で画像が保存されます。xxxxxには00001から始まる連番が入ります。ということは、SONYのデジカメでいちばん最初に撮った写真のファイル名は「DSC00001.jpg」ということになりますね。これを検索ワードにして画像検索するというのです。

ちょっとやってみましょう・・・
結果はこのようになります

「DSC00001.jpg」というファイル名の画像がたくさん出てきます!
デジカメを買ってはじめて撮る写真はこういうものが多いんですね!

その他、「DCPxxxxx.jpg」「DSCNxxxx.jpg」などなどいろいろ応用ができそうです。

他にもすばらしい発想がたくさん。新しくて面白いアイデアってこういうところから出てくるだなぁと考えさせられた1日でした。

カテゴリー:イベント

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > Oracle OpenWorld Tokyo 2006 にて