記事詳細 1件表示

Yahoo!検索の人々~ニューカマーをズームアップ! 後編

2008年8月26日 11:30

今年4月に入社してYahoo!検索に配属された人たち。前回にひきつづきニューカマー座談会の後編をお送りします。
みなさんに思い出していただくために、もう一度、メンバー紹介から。


【メンバー】======================================================================

Y君
事業企画室に配属。検索事業部の人やものを取りまとめ、事業の方向性を打ち出していく部署。
大学は文学部、専攻は古代日本史。六本木のお店探索に興味あり。

T君
マルチメディア、音楽検索の技術部門に配属。大学院では言語処理と音楽系の検索技術を研究。
趣味は作曲。学生時代は、吹奏楽にはじまって、バンド活動にはげむ。
座談会メンバー中、唯一の既婚者。

M君
Yahoo!カテゴリの制作部門に配属。ウェブデザインをする部門ながら、意外にも経済学部出身。
趣味を仕事にした幸福な人物。将来的には野望もあり!?

Hさん
携帯のメイン検索の技術部門に配属。大学ではプログラム作成を学ぶ。福島県出身。
就職するために上京。東京の人の多さ、電車の車両の長さにたじろぐ。近々、ご結婚?

Sさん
知恵袋、検索ランキングの制作部門に配属。美大出身。Hさんと同じく福島県出身。
夢は地元に戻り、創作活動ひとすじに没頭すること。よきパトロン募集中!?

===============================================================================


――みなさん、具体的にこれからどんな仕事をしていきたいと思っていますか?

T君
「僕は音楽検索の技術部門にいるのですが、一言でいうと検索の質の向上をしていきたいです。音楽検索はまだ発展途上なので」

――最近、歌って検索できるものも出てきていますよね。

T君
「そうですね。でもまだまだ検索の質を上げられると思うんです」

――音楽自体に興味があるんですか。

T君
「はい。今は作曲をやっています。」

――作曲!(驚)どんなジャンルの曲をつくるんですか?

T君
「ジャズっぽいものが好きですね」

――ほう……学生時代には演奏したりもしていた?

T君
「はい。もともとは吹奏楽にはじまって、学生時代にはバンド活動もやりましたし、ロック、ポップ、パンクなどあらゆるジャンルをやってきました。漠然とですが、どこかで最終的には作曲をしたいという気持ちがあって、そのためにさまざまなジャンルを経験してきたような気がします」

――どんな楽器を担当していたんですか?

T君
「パーカッション、ドラム」

――リズムを刻む役割……そこまで好きでも、音楽に道には進まなかった。

T君
「知り合いには音楽関係にいった人もいますが、自分は楽しむことは趣味でやろうと思って」

――なるほど。仕事にしてしまうと、やりたくないことまでやらなくちゃいけなくなりますからね。本来楽しいはずのものが楽しめなくなる。

T君
「そうですね。ただ音楽にはかかわっていたいんです。ゆくゆくは素人の人が気軽に作曲できるような、サポートをするようなものを作れたらと思っています」

Hさん
「T君はこれがしたいというものがあって、すごいですね。わたしは大学時代にやってきた勉強をいかせることだけで就職しました。Yahoo! JAPAN を選んだのも、たくさんの人が利用しているから、そういうところで働けたらやりがいも大きいかと」

――やってきたことをいかせる仕事をしようというのは志としてきちんとしているし、それが実現していることも幸せなことだと思いますが。

Hさん
「ただ、これという道が決まっていないんです。私にとってはそれを見つけるのがこれからの目標です」

――特定の分野のスペシャリストになるってことですよね。これからぜひ、みつけてください。では、ほかの方、これからやっていきたい仕事はどんなことでしょう。

M君
「僕は入社する前からよくYahoo! JAPANのサービスを使っていたのですが、なかでもカテゴリが好きなんです」

――M君はたしか、カテゴリの制作部門にいるんでしたよね。好きなサービスで働くことができてこれまたお幸せ。

M君
「はい。Yahoo!カテゴリは人の手でつくられてきて、何層にも階層が分かれていて奥が深い。ただ、まだスポットがあたっていないと思うんです。だから使いやすいように改善したりビジュアル面でも工夫して、そのよさをもっと多くの人に知ってもらいたいです」

――なるほど。こうご期待ってところですね。

Y君
「僕は企業戦略や経営計画などビジネスに興味があって、経営計画部門に配属させていただいたので、その道を深く掘り下げたいです」

――具体的には?

Y君
「まだ誰もやっていない新しいビジネスモデル、利益をあげるしくみを自分で考え出す……」

――それは……つまり……起業ということですか。

Y君
「はぁ」

――じゃあ、今はその誰もやっていないビジネスモデルを考え中……と言うことで。10年後は、Y君はここにはいらっしゃらない可能性もある?

Y君
「はぁ」

――では、みなさんは10年後の自分はどうなっていると思いますか。

T君
「僕は音楽情報サービスをたちあげたいです。プライベートでは子どももいるかもしれないし、猫がいるかもしれない。あるいは、その両方かも」

――猫好きがここにも! はじめてのお給料で猫を買った方もいらっしゃいました。

T君
「今、夏目坂というところに住んでいるのですが、近所にたくさん猫がいます」

――文豪、夏目漱石が住んでいたところですね。そこで、猫たちの集会を見学している……。

T君
「はい。でも、ひとりで見学はしていませんよ」

――あぁ、奥さんとですね~。

T君
「はい。僕よりもどちらかというと彼女のほうが猫好きなんです」

――のろけられてしまいました。新婚ですものね~どうぞお幸せに……。

Hさん
「私は、技術者として、ひとつくらいは専門的な分野をもって、尊敬される人になれたらと思います。プライベートは、結婚してこども1人くらいはいるかもしれません」

――お子さんが生まれても仕事を続けたいですか?

Hさん
「はい。仕事と家庭を両立できるようにがんばりたいです」

――Yahoo! JAPANでは、それは可能ですよね。ママになっても活躍している女性がたくさんいます。

M君
「僕はまだ、将来的なことは全然、具体的ではないんですが……たくさんの人が利用してくれる大企業で働くという喜びもあると思いますが、人生経験として10年後には別の道を歩んでいるかも。いずれにせよウェブにかかわっていきたいです」

――おおっ、ここにも起業家志望が……たしかM君は初めてのお給料を貯金したとか言っていましたね。いまから資金をためていて、経済観念もあることだし、将来は何かやってくれるでしょう。頼もしい限り。

Sさん
「私は10年後かどうかはわかりませんが、福島の実家に帰って創作活動に没頭できたら幸せです」

――創作活動? Sさんは知恵袋と検索ランキングの制作部門にいるんでしたよね。

Sさん
「はい。絵を描いたりすることはウェブ上はもちろん学生時代からいろいろなジャンルをやってきましたが、一番好きなのは油絵です」

――どんな絵を描くんですか? 具象? 抽象?

Sさん
「風景画です。だから東京ではダメなんです」

――そうですね。高層ビルとアスファルトしかない……でも、仕事としてなりたたせるのは難しいのでは?

Sさん
「なのので、パトロンか何かをみつけて、いなかで庵を結びたいです」

――庵!(驚)……渋いです。みなさんの将来の理想像は、よくわかりましたが、今の時点であこがれている人物、尊敬する人物はだれかいますか?

T君
「スティーブ・ジョブズですね」

――……?(無知)

T君
「アップル社の設立者のひとりです」

――ほう。アップル社というとiPodがすぐに思い浮かびますが、それもまた音楽に関係しているのですね。T君は、音楽分野に終始一貫している。

T君
「スティーブ・ジョブズのプレゼンはかっこいいんです……第一には、彼ですが、もっと言えば、その下で働いている名もなき技術者たちも。プロ集団としてすばらしいと思います」

――T君も彼らを目標にがんばってください。最後になりますが、お集まりいただく際に送ったメールに書いたのですが、この機会に同期のなかまにきいてみたいことありますか?

T君
「考えてきたんですよ。10年後の自分はどうなっているか? ……もう質問されてしまいました」

――あら、残念。すみません。かちあってしまって。ほかの方、聞いてみたい事は?

Y君
「ん~みんな、普段は今のことは話しても昔のことはいわないですよ。だから、昔どんなだったか?」

――みんなの過去がしりたいと……みなさん、どうですか?

一同 (しばし沈黙)

――ん~あまり……座談会むきではない話題かも。Y君は六本木のお店探索に興味があるんでしたよね。

Y君
「はい。じゃあ、今度、ひとりずつ飲みに誘って、語り合いますかぁ~」


飲みニュケーションという言葉もあります。Y君主導のもと、さらなる親睦が図られていくかにみえるところで完結です。
Yahoo! JAPANの今後をになう若人たちの横顔を少しうかがい知ることができましたでしょうか。
個人的には、いささかフレッシュではないいため、フレッシュマン・フレッシュウーマンに相対すため、「仕事とは……」などという特集が組まれた某就職雑誌を読み、心持ちを高めてのぞみました。
なかなかの個性派ぞろいで、自分の意見も持っていて、当方としても気づかされることが多く、また楽しい時間を過ごすことができました。
これを読んでYahoo! JAPANに興味を持ってくださった方はぜひこちらをご覧ください。
ご一緒に仕事ができる日が来ることを願いつつ。

カテゴリー:スタッフブログ

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > Yahoo!検索の人々~ニューカマーをズームアップ! 後編