記事詳細 1件表示

DESIGN IT! Forum 2008へ行ってきました

2008年9月 2日 15:53

検索事業部デザイナーのMです。

ヤフーのデザイナーは、日々業務に努めるだけでなく、社内外でのデザイン関連イベント、勉強会に積極的に参加し、スキルの向上を図っています。
また、さまざまな方との情報交換・交流を通じて、新しい発想やコラボレーションが生まれています。


今回は、8月22日~23日に東京・神田で行われたDESIGN IT! Forum 2008に参加しました!

今回のDESIGN IT!のテーマは、「インタラクションデザインの現在と未来」です。
米アダプティブ・パス社からインタラクションデザインの先駆者であるダン・サファー氏をはじめとする講演者の方々への注目度が高く、社内でもチケット争奪戦が繰り広げられるほどでした^^
2日間の参加人数は約450人。さまざまな分野でインタラクションデザインに携わられている方々が参加されていました。


DESIGN IT! Forum 2008


そもそもインタラクションデザインといわれても、よくわからないという方がほとんどだと思います。
日本語に訳してみると……相互作用設計。うーん。よくわかりませんね。

インタラクションデザインとは、人とウェブサイトなどのシステムが、相互にどういうかかわりがあり、どういった方法で合うのかを考え、システムを設計すること。主なデザインの対象は、ウェブサイト、ソフトウエアアプリケーション、モバイル端末、カーナビ、iPhoneなど、さまざまなデバイスになります。


そんなインタラクションデザインがテーマのDESIGN IT! 1日目のセッションは、インタラクションデザインの概要と概念の話題が中心となりました。
特に印象深かったのが、「インタラクションデザイナーは肩書がなくても、活動できるものである。職種にこだわらず、それぞれの専門分野に精通している人が行うことも良いと思う。なぜなら、多様なインタラクションを考えられた方が、良いものができる。」というダン・サファー氏の言葉です。
使いやすさや、わかりやすさ、お客様にとってよりよい製品を検討している時点で誰しも「インタラクションデザイン」を実践しているのだと、気づけた言葉でした。

セッションの後に催されたパーティーでは、参加者の方々と熱くデザインについてお話しいただき、とても刺激を受けました!


続いて2日目は、インタラクションデザインの具体的な事例を交えた実践的な話でした。米アダプティブ・パス社、ソシオメディアでのインタラクションデザインの実践事例や、iPhoneやWiiといった近年登場したハードウエアを絡めてのインタラクティブジェスチャーのセッションは、現在から未来のインタラクションをイメージさせるには十分すぎる内容でした。

このようにして、過去・現在・未来のインタラクションデザインを見ていく充実した濃い内容で大満足の2日間でした!!!

DESIGN ITの詳しい内容はフォーラムレポートにて。

今後もYahoo!検索Projectは、お客様に満足していただける、より質の高いサービスを提供できるよう努力し続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【スタッフ募集】

Yahoo!検索Projectでは、サービスをデザインする際に、よりお客様に訴えかけるインタラクションを常に心がけています。Yahoo!検索サービスを、一緒に作ってみませんか?

Yahoo! JAPAN - スタッフ募集情報
職種は「ウェブデザイナー」になります。「希望サービス」欄に「Yahoo!検索希望」とご記入ください。

カテゴリー:イベント

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > DESIGN IT! Forum 2008へ行ってきました