2008年12月

検索が便利になったYahoo!ツールバーV7.1を公開しました!

こんにちは。Yahoo!ツールバーProjectの企画担当です。

Yahoo!ツールバーは、お使いのブラウザから検索ができたり、Yahoo!オークション、Yahoo!メール、Yahoo!ブックマークなどのサービスにアクセスできたりするツールなのですが、今回、Yahoo!ツールバーを7.1にバージョンアップして、より便利になりましたので、Yahoo!検索 スタッフブログにお邪魔してご紹介させていただきます。

おもな変更点として「検索ボックス」「キーボード操作」の改良を行いました。
具体的に追加された機能としては、以下のとおりです。

その1)キーワード入力補助機能

検索ボックスに検索したい先頭のキーワードの一部を入力すると、ボックスの下部に履歴と候補を表示します。この機能は、Yahoo!検索のトップページで利用できましたが、Yahoo!ツールバーでも利用できるようになりました。


キーワード入力補助機能


検索したいキーワードが先頭の一部しか浮かんでこない場合でも、キーワードの候補を表示してくれるので、今まで以上に検索が便利になること請け合いです。最後まで入力する手間も省け、効率よく検索できます。

ここで、ちょっとしたTipsをご紹介します。
検索ボックスで、キーワードを入力して候補を表示したあとに、キーボードで候補のキーワードにカーソルを合わせて、「→」キーと、「←」キーを押してみてください。

選択したキーワードと関連のあるキーワードがある場合は、キーワードの絞り込みができます。

一度使ってみると、癖になってしまうかもしれません。
Yahoo!ツールバーを使ってガシガシ検索してみてください。


その2)キーボード操作の設定

Yahoo!ツールバーの一部の操作や、ブラウザの特定の操作を、キーボードのショートカットキーに割り当てられるようになりました。
「Yahoo!ツールバーのカスタマイズ」ボタンから「キーボード操作の設定」を選択してみてください。

これは、使い慣れると、とても便利です。


キーボード操作の設定


標準で設定されているショートカットには、下記の2つがあります。
・[Alt+Y]:ツールバーの検索ボックスにカーソルを移動する
・[Ctrl+Alt+Y]:マウスでドラックしたテキストを検索する

個人的には、「ページ内検索」、「ハイライトのオン・オフ」、「文字サイズの変更」がおすすめです。
ほかにもブラウザの「戻る」や「進む」、「Yahoo!ブックマークに登録」といった操作も設定できます。

自分なりのカスタマイズをして自分だけの便利なブラウザにしちゃいましょう。

新しいYahoo!ツールバーは、こちらからダウンロードできます。
みなさんもぜひ、Yahoo!ツールバーをお試しください。

Yahoo!検索が、みなさまのネット利用にお役に立てれば幸いです。

WebDB Forum 2008、無事終了! ウェブ企業からは企業賞を授与しました!

Yahoo!検索Project、企画の岡本です。

先にご案内していたWebとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2008)が12月1日(月)、2日(火)に渡って東京は目白の学習院大学で開催され、無事終了しました。


Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2008)


好天にも恵まれ、2日間で合計数百名の来場者があり、非常に盛況の催しとなりました。Yahoo! JAPANからは、特別セッション「企業の巨大データ徹底解剖 - 新たな研究の可能性と産学連携 - 」に勝芳邦が登壇し、「Yahoo! JAPANが有する大規模ウェブデータ-研究用データの提供事例とYahoo! JAPAN内部での活用事例」と題して講演させていただいたほか、技術報告セッションでは山本健一が「Yahoo! JAPANの提供する研究開発環境」と題した報告をし、またポスターレセプションでも同様の発表をさせていただきました。

2日間に渡って、Yahoo! JAPANの担当者の話に関心を持ち、聴講や質問いただいた方々には心から感謝しています。ありがとうございました。

さて、WebDB Forum 2008にはYahoo! JAPAN以外にも

楽天、サイボウズ、サイボウズ・ラボ、ブログウオッチャー、きざしカンパニー、サイバーエージェント、エヌ・ティ・ティ レゾナント、チームラボ、ECナビ、ミクシィ、グリー、ドワンゴ、サイジニア

と、さまざまなウェブ企業にご参加・ご協賛いただきました。

Yahoo! JAPAN同様、各社とも技術報告やポスター発表に取り組んでいただいたのですが、今回最も注目度が高かったのは各社が一般発表を対象に独自に表彰する企業賞ではなかったかと思います。Yahoo! JAPANでは、京都大学大学院生の加藤誠さん、大島裕明先生、小山聡先生、田中克己先生によるご研究「語の共起を用いたWebの類似関係検索」を授賞対象とさせていただきましたが、複数の企業が同じ研究を表彰していたり、あるいはまったく異なる研究を独自に表彰していたりと、各企業の着眼点に感心することしきりでした。各社の授賞対象はWebDB Forum 2008のサイトでご覧になれます。ぜひ、ウェブ企業が注目した優秀な研究の数々をご覧ください。

知識共有コミュニティワークショップが無事終了しました

Yahoo!知恵袋Projectエンジニアの山本健一です。

10月に「知識共有コミュニティワークショップの開催に向けて-プログラムのご案内」というタイトルでお知らせいたしましたワークショップが無事に終了しました。

今回のワークショップは、国立情報学研究所において公開しているYahoo!知恵袋データを活用している研究を発掘し、学問領域を超えた新たな協働を促進することを目的に開催しました。
このような目的を果たすためには、多様な分野の論文が投稿され質疑応答が盛り上がることが必要なのですが、われわれの想像以上に多様な分野の研究者に論文を投稿いただき、またワークショップに参加いただき、非常にエキサイティングなワークショップになりました。


知識共有コミュニティワークショップ


また、今回のワークショップの特徴として、Interactive Sessionというのを1時間用意して、参加者みんなでディスカッションをしました。
こちらも議論が白熱し、1時間では少し時間が足りなかったかなと思っています。

基調講演は、ネットレイティングス株式会社の萩原雅之様より講演いただきました。
この講演では、Yahoo! JAPANの各サービスのうちYahoo!知恵袋の利用者は、Yahoo!オークションに次いで多いことなどを説明いただきました(ご参考)。

Yahoo!知恵袋Projectで検討し、投稿いただいた研究のなかから次のご発表に対してYahoo! JAPAN賞を進呈しました。

・Q&Aサイトへの質問の作成を支援するための情報の抽出
 磯貝直毅、西村涼、渡辺靖彦、岡田至弘(龍谷大学)

選考理由としては、研究の目的が斬新だったことに加え、知識共有コミュニティのさらなる発展のために、重要な研究テーマであることなどが挙げられます。

ワークショップ終了後には、「学問領域を超えた新たな協働」をさらに加速させるため懇親会を行いました。
おいしいイタリアンとワインを楽しみながら、知識共有コミュニティの将来像に関して議論できました。


ワイン


今後とも、Yahoo!知恵袋をよろしくお願いいたします。

Yahoo! JAPAN

プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.