記事詳細 1件表示

セマンティックWebコンファレンス2009に行ってきました!

2009年3月24日 17:00

Yahoo!検索Projectの一条です。

以前アナウンスしたとおり、3月16日に慶應義塾大学三田キャンパスで開催されたセマンティックWebコンファレンス2009~Web3.0に向かうセマンティックWeb~に参加してまいりました。

弊社が参加させてもらったセッションは二枠あったのですが、最初に自分と清水(『こういった場所でのプレゼンは初めて』組)による「SearchMonkey ~Yahoo! SearchにおけるセマンティックWeb標準の活用事例」を行わせていただきました。

思いのほか広い講堂にビビりながらも会場の皆様にあたたかく見守っていただいて無事伝えたいことは伝えることができました。ご清聴本当にありがとうございました。

Yahoo! IncですでにローンチされているSearchMonkeyというプロダクト
※Yahoo! Incにて公開しているビデオガイド(英語)

について紹介させていただきましたが、「SearchMonkeyをご存じの方?」という問いかけに関して会場の半数以上の方の挙手をいただくという嬉しい誤算があったり、プレゼン後に数名の方から「興味ある!」とお声がけをいただいたり、とプレゼンター冥利(みょうり)に尽きました。

まだまだ普及しているとは言い難いセマンティックWebですが、SearchMonkeyは親しみやすいチャネルの一つになり得ると思っています。SearchMonkeyはUSで評判のいいサービスなのでサービス自体の盛り上がりとともにセマンティックWebの盛り上がりにもつながっていくと良いな、と思う次第です。

親しみやすさの象徴でもある(?)キャラクターのサルがかわいいので

smjun_back1.jpg

スタッフ内でSearchMonkeyキャラのチビTシャツを勝手に作って子どもに着せちゃったりもしています。
※はい。そうです。スタッフ皆親バカなんです。スミマセン。

後半の「エンタープライズ3.0に向けて」と題したパネルディスカッションでは弊社岡本が参加し、「エンタープライズ3.0」だけには留まりきらないWeb全体の未来についてほかのパネラーとともに熱い議論を交わしました。「検索エンジンにはもっと賢くなって欲しい(なれるはず!)」といった議題はYahoo!検索スタッフの私たちには耳の痛い話もあったりしましたが検索エンジンで出来ることはまだまだたくさんありそうだなぁ、と改めて感じました。

セマンティックWebの仕組みの上で集めたデータを元に発信者と受け手をつなぐのも一つの手でしょうし、方向性は全然違いますが最近話題になったWolfram|Alphaのように(ITmediaの関連記事)計算によって受け手の求める答えを出す、というのも探したいものの性質によっては非常に有効な手だと思います。

Yahoo!検索Projectでも柔軟にいろいろな技術や手法を取り入れつつ、お客様にとってより便利なライフエンジンとなれるよう日々精進したいと思います。

カテゴリー:イベント

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > セマンティックWebコンファレンス2009に行ってきました!