2009年5月の記事一覧

タタタッと華麗なタイピング音を響かせて、最後はスマートに[Enter]キーを軽やかに打鍵。
検索完了っと!


!

こんにちは検索ランキングのイケミーです。
毎回少し変わった視点の検索分析コラムをお届けするこのはみだしコーナー、今回のテーマは「タイピングミス」です。

私は検索するときによく打ち間違いをして、なんども検索をやり直しすることがよくあるのですが、みなさんどんな検索間違いをしているか調べたら、これってトリビアになりませんか?

と某番組風に今回の疑問点を投げかけてみましたが、検索のログを見ていると非常に多くのタイピングミスが存在していることに気がつきます。なおかつ、私自身キーボードを打つのがとても苦手で、しょっちゅう間違った検索をしていることもあり、今回のテーマとして取り上げてみました。冒頭のタイピングミスは私がよくやるミスの一つ。[Enter]キーを押すとき、ついつい隣のキーを一緒に押しませんか?

さて、さっそく調査。
サンプルとして、検索総数ランキングで1位の定番である「YouTube」(ユーチューブ含む)を使用し(母体検索数が多いと誤検索の抽出が容易になるため)、タイピングミスと思われるワードを特殊な方法で抽出、それぞれのワードをカテゴリに分けてどのようなタイピングミスが存在するのかを調査してみました。

すると、一口にタイピングミスといっても非常にいろんなパターンがあることが判明。今回分類したパターンはなんと16種類+α。以下でそれぞれのパターンについて簡単に解説しますが、私も想像してなかったほどの量。もしかしてこの世界、とてもディープなのでは......。
なお、パターン名は私が適当につけたものです。また、正確にはタイピングミスとは呼べないものも混ざっていますが、今回は誤検索のなかにすべて内包をした分析にしておりますのでご容赦くださいませ。

タイピングミスパターン

すかし

すかし
タイプミス王ともいうべき存在。キーを打ったつもりが実際は打ててなかったことで、文字の足らない言葉で検索してしまうこと。非常に出現数が多い。

巻き込み
巻き込み
キーボードの[S]キーを見ていたただきたい。周りを花びらのように[W][E][D][X][Z][A]のキーが取り囲んでいることがわかる。キーボードのキーは隣のキーとの距離が極端に短いため、[S]を押しているつもりがついズレてしまい、[ws]や[as]と打ってしまうことが往々にしてあり。これを"巻き込み"とした。

ダブル巻き込み
ダブル巻き込み
巻き込みの上位(?)版。一度にキーを3つ押してしまうパターン。

エンター巻き込み
エンター巻き込み
私がタイプミスに興味を持つようになったきっかけであり、今エントリーの冒頭で紹介したミス。エンターを押したつもりが、その左隣のかぎカッコまで押してしまうことで発生する。

かな打ちミス
かな打ちミス
多くのユーザーはローマ字打ちだと思われるが、かな打ち派が「半角/全角」切り替えを忘れてしまってタイピングミスした場合はまったく予想だにしない言葉になることが多く、ログを見ているだけだと元の言葉がなんなのかわからないことが多い。サンプルの言葉はかな打ちするつもりが誤ってローマ字打ちのキーボードで「ユーチューブ」とタイピングしたときの文字列。

混乱
混乱
意外と多いのがこのパターン。その中でも英語とローマ語が途中で混ざってしまうものは非常に多い。英語と日本語読みどちらで打つべきかタイピング途中に混乱してしまい混ざってしまうものと思われる。

先走り
先走り
言葉を順番どおり打たず、あとに打つべきキーを先に打ってしまうパターン。そのため単語の途中で文字順序が逆になってしまう。

ダブルタップ
ダブルタップ
一回タイプすればいい文字を勢いあまって「トトン」と二回たたいてしまうこと。ちなみに三回タップはほとんど現れない。

修正ミス
修正ミス
タイピング途中で間違っていることに気がついて、その時点でやめてしまうこと。本来ならばバックスペースかデリートで消してから再入力すべきだが、ついエンターを押す(押してしまう)人がいるようである。

隣タイプ
隣タイプ
ブラインドタッチをしている人なら、本来のキーから一個ずれた隣のキーをたたいてしまうことは誰もが経験するもの。前述の「巻き込み」と同じ系統のタイピングミス。

ナンバーロック
ナンバーロック
Number Lockキーの罠(わな)とよぶべき現象。特にノートパソコンの場合、このロックがかかっていることで英語キーを押したつもりがキー共有されている数字に強制されてしまうことがある。では、「yah66」とは本来のワードが何かわかりますか? 知恵袋ではこのような質問がありました。

半角/全角忘れ
半角/全角忘れ
タイプミスの王道。これは、パソコン使用歴にかかわらず毎日のようにやってしまうミスではないだろうか。ただし「ようつべ」レベルになると、本来はタイピングミスであるワードにもかかわらずすでに言葉として定着していて、自分の意思であえて入力している人も多いと思われ、判断が難しくなる。

変換事故
変換事故
これはログからだけでは非常に判断しにくいことがおおいが、おそらく変換する際のミスが原因としか思えないものを指す。変換キーのタイピングミスということで分類した。

変換忘れ
変換忘れ
本来カタカナや漢字に変換しなければならないワードをそのまま使用してしまったもの。

ポジションずれ
ポジションずれ
手のポジションがキー一つ右や左にずれていることによるミスタイピング。指遣いはあっているが、そもそものポジションがずれているため、本来の文字の面影をまったく残さない言葉になる場合が多い。「隣タイプ」はポジションはあっているが指遣いが間違っている場合である。なお、ほとんどは右手のポジションがずれていることに起因しているミスタイプが多いように思われる。また、「youtube」をサンプルにすると数がすくないが、ワードによって極端に出現率が増減するパターンでもある。

かなロック
かなロック
かなロックがかかってしまい、ローマ字で打っているにもかかわらず、かなキーの文字が入力されてしまうもの。文字としては一見するとまったく意味不明なため、何を検索したかったものなのかワードから判別しにくい。サンプルは「youtube」をかなロック状態でタイピングしたもの。

※以下はタイピングミスではないが、誤検索の要素としては重要なので特筆する

勘違い
勘違い
ひとつの単語であるにもかかわらず、二つ以上の単語に分かれていると勘違いして思わず分割してタイプしてしまう「区切りトラップ」(you tube)、本来音引きすべきところを、文字打ちしてしまう「音引きミス」(ユウチュウブ)。このようなパターンは正確にはタイピングミスではないが、誤検索においては非常に高い比重を占めているため、1パターンとして取り上げた(※『勘違い』に属する誤検索は漢字、ひらがな、カタカナのワードにおいて非常に増える傾向がみられる。今回は詳細な分析は行っていないが、『勘違い』のなかでもパターンの細分化が可能な印象であるため、興味を持つ方がいるのであれば記事にしたい)。

検索ログにおけるタイピングミスのほとんどは上記のパターンか、その組み合わせによると思われるものが多い。

また、「youtube」の検索数を1とおいたときの検索出現数ランキングトップ10は以下の通り。

「youtube」の検索数を1とおいたときの検索出現数ランキングトップ10
※「ようつべ」はランキングから除外した。上記表はタイピングミスというものを非常に甘く査定しているため、上位のワードでは確実に"自分の意思で"そのワードをタイピングした人も多いはずであるが、今回の調査では一律タイピングミスとした。


これを見て皆さんはどう思ったでしょうか。想像より多いと思った人、たくさんいるのではないでしょうか。
ちりも積もれば何とやら。検索数上位200のタイピングミスワードを合計すると正表記検索の25%にもなるのです。Youtubeが1万回検索されれば、2500回はタイピングミス検索されているということになります。今回の収集基準が甘いことを考慮しても、タイピングミスが検索全体に占める比重は少ないないと断言することができます。

また、私がさらっと「上位200のタイピングミスワード」と書きましたが、「YouTube」一つとっても200以上のタイピングミス(と思われる)ワードが確実に存在するわけです。
おそらくタイピングミスの多くは検索される前にバックスペースやデリートで正しく修正されるでしょうから、タイピングミス自体は検索のログに現れる量の何倍もあるはずです。
タイピングミスの世界、いと奥深し!

そして、人はどれぐらいタイピングミスで時間をロスしてるんでしょうね。ちょっと気になります。

さて、このタイピングミスにたいしてYahoo!検索はどのような取り組みを行っているのでしょうか?
みなさん、こういった表示を見たことありませんか?
キーワード候補
この機能は、検索ミスしてしまったワードに対して、ユーザーが実際に入力したかったと思われる候補を過去の検索ログなどを活用して提示するものです。
もちろんこれ以外にも間違えた検索に対して正しい誘導を行うための施策をさまざまな方面から検討し、機能として搭載しています。

上記のパターンからも、タイピングミスというのは非常にたくさんの種類があること、そして、検索においては無視できないほどのボリュームがあることなどがわかりました。
しかし、人間である以上、ミスを完全に防ぐことはもちろんできませんので、そこに対していかに先読みをし、正しい道へ橋をかけてあげられるか、そこが検索には問われているのでしょうね。
お客様が少しでも使いやすくなるように今後とも研鑽(けんさん)を重ねてまいりますのでなにとぞYahoo!検索をよろしくお願いいたします!

Yahoo!ブックマークプロジェクトの澤田です。

今回はYahoo!ブックマークをさらに便利に利用するためのアプリケーションをご紹介させていただきます。

フェンリル株式会社が提供している「Sleipnir」(スレイプニール)はカスタマイズ性にすぐれたウェブブラウザです。皆さんのなかにも、ご存じの方は多いのではないでしょうか?

今回公開されたSleipnirのプラグイン「Social Bookmarker」はYahoo!ブックマークなどのソーシャルブックマークを便利に利用できるプラグインとなります。

提供される機能は以下となります。
1)ステータスバーに閲覧中のページの登録人数を表示。
2)アイコンをクリックすると、ブックマークへの登録が可能
3)「Social Bookmarker」に対応している全サービスの登録人数の一覧表示

最初にSleipnirに「Social Bookmarker」を追加します。ステータスバーを右クリックして"Yahoo!ブックマーク"を選択しておきます。Yahoo! JAPANのトップページにアクセスするとステータスバーにYahoo!ブックマークで登録されている人数が表示されます。

Yahoo!ブックマークで登録されている人数

アイコンをクリックすると現在開いているページをブックマークすることが可能です。

また右クリックメニューから、Yahoo!ブックマークのMyブックマーク、人気のブックマークや詳細ページ(URL情報)にダイレクトにアクセスが可能です。

右クリックメニュー

また「Social Bookmarker」に対応している全サービスの、現在閲覧中のページを登録している人数を一覧表示することが可能です。

Social Bookmarker

「Social Bookmarker」で、より便利にYahoo!ブックマークをご利用いただければと思います。

Yahoo!検索において、Yahoo! inc.が開発しているウェブサーチエンジン「Yahoo! Search Technology (YST)」の検索アルゴリズムをバージョンアップしました。

先日お伝えしたIndex Updateとは異なり、検索エンジンの動作にかかわるアルゴリズムの大幅なバージョンアップとなります。

検索アルゴリズムのバージョンアップとは?

Yahoo!検索のウェブサーチエンジン(YST)では、Index Updateと同様に、日々最適な検索結果を提供するために、日本の市場にあわせた色々な研究開発を行い新しいランキング手法の開発/トライアル/テストを繰り返しています。その結果をもとに最適な検索結果を生成するアルゴリズムを採用しています。

アルゴリズムのバージョンアップは、新アルゴリズムを採用した検索エンジンへの切り替えとなり、過去にも何度か大きなバージョンアップを実施しています。

Index Updateと同様に検索結果の順位変動が発生することが予想されますので、お知らせいたします。

Yahoo!検索 プロジェクト

こんにちは。Yahoo!検索 制作チームのN.K.です。
本日、Yahoo!検索のウェブ検索結果画面を改善いたしました。
今回の改善点をご紹介させていただきます。

Yahoo!検索
https://search.yahoo.co.jp/


方針

検索結果画面上のモジュールを左寄せにいたしました。
これまでの検索結果画面に比べ、検索窓や、検索キーワードと検索結果間の視線の移動を少なくなるように調整しています。

検索結果画面上のモジュール

この方針に基づき、次の6つのモジュールの位置やサイズを再検討しました。


画面上部

画面上部

(1) ログインモジュール
検索結果画面の左側をクリーンアップするために、文字サイズを1つ小さくして、右に寄せています。

(2) Yahoo! JAPANのロゴ
検索窓や、検索キーワードと検索結果間の視線の妨げになるため、右に寄せています。

(3) 検索窓モジュール
検索結果に対して、視線を垂直に落とすことを期待して、左に寄せています。

(4) 関連検索ワードモジュール
モジュールの視認性をより高めるために、水色の帯の下に移動しました。


画面下部

画面下部

(5) ページ送りモジュール
検索結果から視線を垂直に落とすことを期待して、左に寄せています。

(6) 検索窓モジュール
(5)と同様の理由から、左に寄せています。



今後も改善を加えて、使いやすい検索結果を提供していきます。
ご期待ください!

スタッフ募集
Yahoo!検索 制作チームでは、使いやすい検索結果をご提供すべく、現在スタッフを大募集中です。Yahoo!検索のようなサービスを、一緒に作っていきませんか?

Yahoo! JAPAN - スタッフ募集情報
https://about.yahoo.co.jp/hr/

職種は「ウェブデザイナー」になります。「希望サービス」欄に「Yahoo!検索希望」とご記入ください。

知って得する知恵袋!

2009年5月14日 17:00

Yahoo!知恵袋project、企画担当のれれれです。

今回知恵袋に新しく加わった「知っトク知恵袋」コーナーについてご紹介いたします。

「知っトク知恵袋」は、みなさまに投稿いただいたQ&Aのなかから、知っているとお得!? なテーマでQ&Aを集めた特集ページです。

コーナーリリースの記念すべきテーマはこちら!!
みなさんの日々の生活でトクしそうなテーマからおもしろテーマなどをあつめました。


・「今さら聞けないこんなこと
 自分で口にしたり、よく耳にするけど実は意味をしらない......。
 そんな今さら聞けないようなワードについてのQ&Aを集めた特集です。
・「マナーについて考えよう
 どんな世界にもマナーは存在します。みんなが思うマナーのQ&Aを集めた特集です。
・「私だけの○○○ ~飲食店編~
 いつも利用する飲食店のとっておきのオーダー方法や知ってると使えるおトク情報のQ&Aを集めた特集です。
・「みんなの節約生活
 不況でもいざとなっても節約は苦手......。
 そんな方のために節約のQ&Aを集めた特集です。
・「知っていますか? 都市伝説
 有名な都市伝説など都市伝説についてのQ&Aを集めた特集です。

「知っトク知恵袋」は、モバイルからもご覧いただけます。
モバイルからご覧になる際はこちらから。

今後も不定期ではありますがはりきって更新してまいります。

知っトク知恵袋

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > 月別アーカイブの一覧>2009年5月の記事一覧