2009年10月の記事一覧

こんにちは、検索ランキングのイケミーです。
前回の記事から時間があいてしまいましたが、「地域検索その2」をお届けしたいと思います。
こちらの記事は7月23日に配信した記事「北海道と長野県にはゴキブリが少ないという検索的推察 ―地域検索の世界―」の続きになります。未読の方は先にそちらの記事をごらんのうえ、お読み下さい。
________________________

では、地域検索についてさらに深く見ていきましょう。
(なお、記事内では「地域検索」と呼称していますが、正式名称でもサービス名でもありませんので、ご了承ください)

と、その前に、地域検索をいろいろと検証していくなかで、一番難しいことって何だかわかりますか?
それは、「このワードはなぜこの地域からよく検索されているのか」という"検索されている理由"を見つけることなのです。
これが本当に難しい。

例えば地震対策関連の用語

「地震保険」「耐震補強」「防災グッズ」の検索結果
「地震保険」「耐震補強」「防災グッズ」の検索結果
※以下の検索結果は特に注記ない場合、すべて集計期間は2009年6月1日~9月26日になります

どれも静岡が真っ赤になっているのがわかると思います。これは、静岡県民の防災意識の高さと、8月11日に起きた駿河湾沖M6.6の地震により、地震対策関連のワードが静岡でもっとも検索頻度が高くなっていると推測できます。

しかし、必ずしも理由がすぐにわかるワードばかりでないのが、地域検索の難しいところ。
地域検索を検証していくと、次々にそのようなワードに遭遇します。

なぜ宮崎の人は足が速くなりたいのか?
「足が速くなる方法」の検索結果

なぜ熊本を中心に「ミサンガの作り方」が熱いのか?
「ミサンガの作り方」の検索結果

そして
なぜ北海道の人は怖い話題に興味があるのか?
「心霊」「心霊写真」「幽霊」の検索結果

地域検索ではこのようなワードが無数とあり、それぞれの理由を調べていくにはあまりに労力と手間がかかりすぎてしまいます。そのため、結果として「面白そう」とわかっていても、なかなか結論まで結びつけることが難しい、というのが地域検索の特徴なのです。

また、地域によって同じ言葉でも別の意味を持つ場合があり、そのようなワードにも注意を払う必要があります。
例えば明治製菓から発売されいてるおなじみのお菓子、「きのこの山」と「たけのこの里」。
これを地域検索してみましょう。

「きのこの山」と「たけのこの里」の検索結果
「きのこの山」と「たけのこの里」の検索結果

上記の結果をみると、「『きのこの山』は全国的に人気で、『たけのこの里』は青森で極端に人気がある」と、つい判断してしまいそうになりますよね?
しかし、残念ながらそうではないのです。実は青森に「たけのこの里」という温泉を備えた自然休暇村があり、そのため青森からの検索頻度が高くなってしまっているというのが、上記の結果の真相なのです。

同様のパターンとして

「ぜんざい」の検索結果
「ぜんざい」の検索結果

「スイカ」の検索結果
「スイカ」の検索結果

などもあります。沖縄で今あの温かいぜんざいがブーム! ......なのではなく、沖縄のぜんざい=かき氷というのがその理由。さらに上記集計期間が夏ということもあり、沖縄がぜんざいのホットスポットになったというわけなのです。
同じく、「スイカ」は関東の食べ物......ということではありません。関東の人ならピンときた人も多いと思いますが、この結果は改札を通るICカード「Suica」の検索の影響をうけています。
正表記は「Suica」ですが、「スイカ」や「すいか」と検索する人も多いので、結果として関東を中心とした検索結果に引きずられてしまったというパターンですね。

このように地域検索とは、なかなか一筋縄ではいかない、手ごわい検索なのです。

さて、本題に。
前回は主に日本全国を対象としての広い分布や偏りをみてきましたが、今回は逆に、ひとつの都道府県に絞った考察をしてみたいと思います。

前回説明したように、日本全国の検索偏差分布がわかるということは、つまり各県における検索数がわかっているということ。ということは、例えば「山形県の検索数ランキング」とか「広島県の検索数ランキング」といったものも、もちろん抽出可能なわけです。
実際に出してみると、

山形県と広島県の8月検索数ランキング
山形県と広島県の8月検索数ランキング

といったランキングになりました。このように、全都道府県において、その県独自の検索数のランキングを出すことが可能なのです。

さらにもう一歩踏み込こんで、各都道府県の急上昇ワードなんてものも出すことができます。
急上昇ワード? それを出すと、何がわかるの? とお思いの方にわかりやすい実例を。
例えば、8月22日土曜日における各都道府県の急上昇ワード1位をピックアップして日本地図に落とし込んでみましょう。

8月22日土曜日の各都道府県別の急上昇ワードランキング
※画像をクリックすると大きいサイズが表示されます
8月22日土曜日の各都道府県別の急上昇ワードランキング

各都道府県それぞれの地域において、8月22日土曜日に最も関心の高かった出来事や事件・事故などが一目でわかるようになります。
上記の場合は8月の土曜日とあって、多くの都道府県で花火や祭りが検索されていますね。
それ以外ではテレビの再放送の話題や事件・事故関連も見受けられます。
こうやって、それぞれの県でその日何がもっとも話題だったかが一目で知ることができるのです(ちなみに上記に現れた花火大会は必ずしもその当日行われたものだけではありません。雨で順延したものや、23日開催のものも含まれています)。
いままで多くの検索数ランキングは「日本全国」を対象にしたものが一般的でしたが、このような技術を使うことで、あえて地域の枠をもうけたインターネットの使い方、情報の提示の仕方が可能になるのです。

また急上昇ワードをひとつの県に絞って注目すると面白い発見に出会ったりします。
さて、問題。香川県は雨が降ると必ずあるワードが急上昇します。それは何でしょうか。

では、ヒントです。7~8月のあいだで香川県に雨が降った日とその日の急上昇ワードをみてみましょう。

7~8月のあいだで香川県に雨が降った日とその日の急上昇ワード

すぐにわかりましたね。からなず「早明浦ダム」に関するワードが上位に上がるのです。
(7月21日も2位は『早明浦ダム リアルタイム』)
つまり、「香川県の人は雨が降ると、早明浦ダムの貯水率が気になる」ということが、地域検索の急上昇ワードと、天気データを重ね合わせることで判明するのです。

また、東京からの検索頻度が極端に高い検索結果データを眺めているときに見つけたのが、「遅延情報」「運行状況」「遅延」......

「遅延情報」「運行状況」「遅延」の検索結果
「遅延情報」「運行状況」「遅延」の検索結果

ということは、もしかして電車の遅延って関東以外ほとんど発生していないのでは......? 資料がないのでわかりませんが、下記のようなワードも同様の結果になっていることから

「遅延証明書」の検索結果
「遅延証明書」の検索結果

「電車の遅延は東京に集中しているかもしれない」という推測ができたりするもの、地域検索の面白いところなのです。(実際にどうなんでしょうか?)

上で述べてきたような、ある特定の都道府県に絞った考察も面白いのですが、
次で紹介する見方も、地域検索では非常に興味深い結果が出ます。
それは時間軸を加えること。
百聞は一見にしかず、次の例を見ていただくと、どういったものかがわかると思います。

※6月1日~7月31日まで、約10日ごとに検索頻度を区切って並べたもの

「アジサイ」の検索結果推移
「アジサイ」の検索結果推移

「梅干の作り方」の検索結果推移
「梅干の作り方」の検索結果推移

「じゃがいも料理」の検索結果推移
「じゃがいも料理」の検索結果推移

このように10日単位で区切って検索頻度のマップをつなげてみると、季節にあわせて検索される地域も北上していることがわかります。
通常、このようなものには「桜前線」「梅雨前線」といったものがありますが、地域検索のログと時間軸を組み合わせることで、季節ごとにその盛り上がりが日本列島を移動していくとワードを多数見つけ出すことができるのです。上記の例だと、さながら「梅干の作り方前線」「じゃがいもの料理前線」といった感じでしょうか。

この方法は、ワードの種類によって1日単位や週単位などの尺度で計測してみるやり方がほとんどなのですが、逆に極限まで時間軸を分割する、つまり秒単位で計測するという方法もあります。
1秒単位で計測してもデータとして利用できるほどの検索回数をもち、さらに地域と結びつけることで重要性がグッと増すワード、一体なんだかわかりますか? これがわかれば相当の検索通でしょう。

正解は「地震」です。

地震と検索の関係に関しては非常に深い話があり、とても今回のついでで説明できるようなボリュームではないので、いつか機会があればYahoo!検索 スタッフブログにて執筆したいと思いますが、地域検索と「地震」の検索ログを1秒単位で結びつけたものが下の画像になります。

「地震」の検索結果1秒単位の推移
「地震」の検索結果1秒単位の推移
※2009年2月17日9時13分に福島県沖で発生した地震。その県からの検索総数が多くなればなるほど色が濃くなっていく

手作りなため見づらくて申し訳ありませんが、1秒単位で「地震」と検索された地域を検索回数を加えてつなげていくことで、地震の揺れの広がりと「地震」の検索が同様の広がりを見せるということがわかるのです。これは、非常にさまざまなアイディアを含んでいると私は考えています。

さて、今回も長々と書きましたが、このスペースで紹介できた地域検索の神髄はほんの一部です。
通常インターネットとは現実の世界では難しい「日本や世界中の垣根を越えられる空間」というイメージがありますが、もちろん検索行為の始点にはそれぞれの地域で生活をしている人たちがいて、その検索行動に地域性は必ず現れます。今回紹介した地域検索とは、そんなインターネットらしからぬ現実の垣根を積極的に利用し、すくい上げ、注視していくことで、生活や文化が検索ログから垣間見えるという面白いものでした。
今後さらなる活用を重ねて、Yahoo!検索ユーザーの皆様へより良いサービスを提供できるように昇華・反映できるよう精進してまいりますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > 月別アーカイブの一覧>2009年10月の記事一覧