2011年8月の記事一覧

こんにちは、Yahoo!検索プロジェクトです。

昨日、Yahoo!検索(ウェブ)に新しい検索ナビゲーション機能を追加しました。

search_20110808.png

新しい検索ナビゲーション機能は、ナビゲーショナルクエリに対して検索結果をリッチ化します。

ナビゲーショナルクエリって?

私たちが提供させていただいている検索サービスは、お客様にさまざまなシーンでご利用頂いています。そんな中でも際立つパターンの一つに、「ブックマーク的な利用」があります。例えば、

  検索キーワード"知恵袋"
     → Yahoo!知恵袋( https://chiebukuro.yahoo.co.jp/ )をクリック!

  検索キーワード"GyaO"
     → GyaO!( https://gyao.yahoo.co.jp/ )をクリック!

このように、特定サイトのクリックが非常に多い検索キーワードを、ナビゲーショナル(案内)的な役割を果たすことから"ナビゲーショナルクエリ"と呼びます。今回は、このナビゲーショナルクエリに焦点を絞り、機能追加を行いました。

ナビゲーショナルクエリはお客様の検索キーワードやクリック動向、クリック先サイトの品質などを指標化し、自動測定し、アルゴリズムによって選定・抽出しています。

新しい検索ナビゲーション機能って?

候補サイトの情報を「ロゴ」「検索窓」「カテゴリ」「サムネイル」「その他の有用な情報」などにまとめて検索結果上位に表示します。多くのお客様が利用される候補サイトの情報を検索結果上にシンプルにまとめて表示することで、検索行動におけるひと手間を省きます。

上のYahoo!知恵袋の例では、検索キーワード"知恵袋"を実行したお客様に対し、検索結果画面上に検索窓、カテゴリ、閲覧ランキングを表示しています。検索結果画面にリスト表示される一つ一つのリンクをクリックする前に、飛び先サイトの情報をより多く得ることが出来ます。飛び先サイトにジャンプしてから「検索窓はどこかな?」「カテゴリ情報はどこかな?」「おすすめ情報はどこかな?」と探す手間を省き、お客様の費やす「もの探しの時間」を短縮することが出来ます。

細かいUIも改善しました!

また、今回のアップデートではYahoo!検索(ウェブ)の細かいUIにも改善の手を入れています。一例を挙げると、
  • 検索窓上部の「その他の検索サービスへのリンク一覧」の位置を変更
  • 「条件を指定して検索」をパネル化
  • 検索結果下部に検索キーワードによって動的に変化する「再検索リンク」を設置

などなど。他にも驚くほど細かい部分に手入れをしています。探してみるのも楽しい、かも?

検索動向に適した進化系UIへ......

私たちは、お客様が「より簡単に」「より素早く」、目的となる情報へたどり着ける検索サービスを目指しています。今回のナビゲーション機能のリリースは、その実現に向けたアイデアのひとつに過ぎません。

他にも検索キーワードが多く投入されるジャンルとしては、「買いもの意図」や「地域情報意図」、「口コミ意図」などが挙げられます。これらについても、お客様の検索体験を進化させるべく、検討を進めています。ご期待下さい!

Yahoo! JAPANはこれまでに引き続き、検索サービスの利便性を高め、さらに快適で使いたくなる検索サービスを目指して開発を続けていきます。今後もよろしくお願いいたします。

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > 月別アーカイブの一覧>2011年8月の記事一覧