記事詳細 1件表示

Yahoo!検索(リアルタイム)PC版で行った3つの改善

2012年11月13日 14:55

こんにちは、Yahoo!検索(リアルタイム)UI担当の中野です。
今回はスマートフォン版の改善のご説明に引き続き、PC版の改善のご説明を行いたいと思います。

1. 自動更新・自動ページ送り

今までのYahoo!検索(リアルタイム)では、過去のつぶやきを見る場合「もっと見る」をクリックしてつぶやきを表示する必要がありました。
「前へ」「次へ」といったページ送りをクリック操作するよりは簡単ですが、より以前のつぶやきを見たい場合は何度も何度もクリックする必要がありました。

グラフで検索期間を絞り込むこともできますが、まとめてつぶやきを見たい場合には多少不便な状態でもありました。

そこで、今回のリニューアルではスマートフォン版と同じく自動ページ送りを実装し、ページをスクロールするだけでつぶやきを閲覧できるようにしました。

自動ページ送り

そして、自動ページ送りで過去の検索をたどっていってページが長くなった場合には自動更新を停止し、ページの先頭へもどるナビゲーションの上部に更新件数を表示するようにしました。
これで、過去のつぶやきを見つつ今の状況を知る事ができます。

新着数の表示

また、今まであった自動更新につきましても、よりタイムリーに最新のつぶやきを見られるよう更新時間を調整しました。


2. レイアウトの変更

自動ページ送りを実装することにより、過去のつぶやきの閲覧性は大幅に向上しましたが、反面、ページの下部に要素を配置できなくなるといった副作用も発生しました。
また、7月に追加したグラフが予想以上に好評だったため、よりよい位置に配置した方がよいのでは、という意見がプロジェクト内で起こりました。

そのほかにも細かい改善・要望の声がありましたので、今回のタイミングで全面的にレイアウトの見直しを行うことにしました。

検索結果のレイアウト変更

下記のようなルールを原則として、今まで右カラムにあった「関連度の高い検索結果」をメインカラムに統合し、右カラム内の配置順序の調整を行いました。

メインカラム(左カラム)...メインとなるつぶやきの検索結果
サブカラム(右カラム)...副次的な検索結果、補助機能

こちらの変更を行うことにより、上下移動の視線移動のみでつぶやきを閲覧できるようになり、用途によって使い分けを行いやすくなりました。


3. 絞り込み・並び替え・一時停止ナビゲーションの改善

こちらは10月にFacebookデータの検索ができるようになった際に改善を行った部分になります。
今まではテキストリンクを主体としたクリックしやすさを優先したUIを提供していましたが、検索結果を操作できる機能が増えてきたのを機会に、再生/一時停止ボタン+プルダウンというスタイルに変更を行いました。

ナビゲーションをプルダウンとボタンに変更

これにより、多機能を維持しつつ表示要素を抑えられるようになり、より検索結果に注視しやすくなりました。


最後に

スマートフォン版同様、PC版もリニューアルしてからが本当のスタートと考えております。
これからも引き続きご利用いただくとともに、要望・改善がございましたらハッシュタグ「#yrealtime」をつけたツイートをしていただければと思います。

今後ともYahoo!検索(リアルタイム)をどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー:スマートフォン

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > Yahoo!検索(リアルタイム)PC版で行った3つの改善