記事詳細 1件表示

【追加報告】Yahoo!検索から見えた今年のインフルの猛威 - "Yahoo! JAPANビッグデータレポート" -

2013年6月17日 16:00

こんにちは、Yahoo! JAPANビッグデータレポートです。

今年1月にお伝えした「Yahoo!検索から見えた今年のインフルの猛威 - "Yahoo! JAPANビッグデータレポート" -」から5カ月が経過しました。
インフルエンザの流行も終息に向かいつつありますが、当時発表した"インフルエンザ"検索数と実際のインフルエンザの報告数推移はその後どうなったのでしょうか。その追加検証をお伝えします。

・インフルエンザの報告数と検索数の推移はほぼ同じである


レポート初出時に、2013年1月20日までの"インフルエンザ"検索数推移と厚労省の報告数推移の比較を掲載しました。その後5カ月ほど経過し推移はその後どのような動きをしているかを調査した結果が次のグラフです。

※12月31日~4月7日の数字を1と置いた場合の推移
資料:Yahoo!検索、厚生労働省発表資料


グラフを見てわかるとおり、厚労省の報告数と検索数の推移は、ピークや減少のタイミング、下げ幅などがかなり近い動きをしています。さらに、増減の割合に関しては検索数にくらべて報告数のほうが大きく動く傾向があることも今回の調査でわかりました。

また、以前紹介した「各都道府県別のインフルエンザ状況マップ」では、調査をした1月14日~1月20日分において、多くの都道府県が感染拡大中という分布になっているとご報告しましたが、そこから2週間後、さらには1カ月後にどのような動きとなったのかも追加調査しました。

2013年1月14日~1月20日のインフルエンザ状況マップ

/>


・2週間後


・1カ月後

資料:Yahoo!検索

結果、先に紹介した推移グラフの動きをなぞるように、患者数の減少とともに停滞域、さらには終息域へ分布が移り変わる様子がはっきりとあらわれました。これによって、検索を見るとほぼリアルタイムに近いかたちでインフルエンザの感染状況を知ることが可能なのでは、という結果を得ることができました。

ところで、今年流行したインフルエンザですが、例年に比べ大人の患者が多いように感じませんでしたか? これは単なる先入観などではなく、実際のデータにもあらわれています。医療情報総合研究所(JMIRI)の「インフルエンザの処方数の年代分布」によると、2010年は約7割が未成年に治療薬を処方していましたが、今年2013年の医療薬の処方は6割が20代以上、40代以上も3割を超えるという、成人比率の高い特徴的な傾向となりました。

※資料:医療情報総合研究所(JMIRI)  タミフル、リレンザ、イナビルのいずれかの処方が行われた患者の年代別の処方数
対象期間:2009年~2012年は前年9月頭~当年5月末までの累計。2013年は前年9月頭~当年1月末までの累計


検索数と報告数の推移に高い関連性があったように、検索の年代別分布と治療薬処方数の年代別分布には高い関連性があるのでしょうか? 実際に調べてみました。

※資料:「Yahoo!検索」データ。「インフルエンザ」または「インフルエンザ 症状」と検索した人の年代別割合
対象期間:2009年~2012年は前年9月頭~当年5月末までの累計。2013年は前年9月頭~当年5月14日までの累計


その結果、今年の検索年代構成はやや40代以上が多いものの、処方数の分布と異なり、ほぼ毎年変わらないということがわかりました。そのため、検索数の年代別分布から実際の患者の年代別分布を推測するのは、困難であると言えます。これは、未成年の人がインフルエンザにり患した場合、自ら「インフルエンザ」情報を能動的に検索して調べるよりも、保護者などが調べる傾向にあるのではないかと推測されるためです。また、今年の「インフルエンザ」の検索数は例年の1.5倍ほどあり、成人の患者が多いほど検索数が増える傾向にあることも判明しています。

以上により、検索結果と患者数の推移には高い関連性があるものの、年代別分布は実際の患者の分布と検索の分布では異なることが判明しました。

前回のレポートで発見した地域との関連性や、今回お見せした推移の結果などから、インフルエンザ流行の予測精度を高めて、ビッグデータを世の中のために生かすべく研鑽(けんさん)してまいりますので、今後ともYahoo! JAPANをどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー:Yahoo!検索

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > 【追加報告】Yahoo!検索から見えた今年のインフルの猛威 - "Yahoo! JAPANビッグデータレポート" -