2013年7月の記事一覧

検索結果に全国約9,600店のファミリーマート店舗で使えるクーポンコードを直接表示するという新たな取り組み「ファミマけんさくーぽん」をファミリーマート様、およびファミマ・ドット・コム様と共同で開始します!
7月30日(火曜日)から開始です。

スマートフォン、PC、タブレットのYahoo!検索で「ファミリーマート」や「ファミマ」と検索すると、クーポンコードが表示されます。

表示されたクーポンコードをファミリーマート店舗に設置されたマルチメディア端末「Famiポート」に入力すると、クーポンを発券しそのまま店舗で利用することが可能です。

Yahoo!検索で検索するだけでクーポンコードがもらえるというとっても簡単な仕組みです。

朝の外出前に、お昼休みに、学校や会社の帰りに、いつでも検索してお得なクーポンをチェックしてお近くのファミリーマートで利用しちゃってください。

ファミリーマートでの検索結果

別冊少年マガジンにて連載中、2013年4月よりテレビアニメの放送も開始され、話題沸騰中の「進撃の巨人」が、スマホ版Yahoo!検索のテーマとして登場します!
7月23日(火)からの公開です。

作品にまつわるキーワードで検索すると、検索結果が「進撃の巨人」に早変わり......!?


さらに、画面上に表示されるメッセージ「このテーマを使う」をタップすると、ずっとこちらのテーマをご利用いただけます!





迫力満点のテーマになっていますので、初めてご覧になる際はスマホを落とさないようにご注意ください!


■人気キャラクターは誰?

ところで......進撃の巨人といえば、魅力的なキャラクターが多数登場してきますよね。
特に多くの方が注目しているキャラクターは誰なのか?
検索数ベスト10を作ってみました!

-----------------------------------------------------------
順位 キャラクター名             
-----------------------------------------------------------
1位  ミカサ・アッカーマン    
-----------------------------------------------------------
2位  リヴァイ                
-----------------------------------------------------------
3位  エレン・イェーガー    
-----------------------------------------------------------
 4位    マルコ・ボット    
-----------------------------------------------------------
 5位    アルミン・アルレルト
-----------------------------------------------------------
 6位    クリスタ・レンズ    
-----------------------------------------------------------
 7位    ベルトルト・フーバー
-----------------------------------------------------------
 8位    アニ・レオンハート
-----------------------------------------------------------
 9位    ライナー・ブラウン    
-----------------------------------------------------------
 10位    ハンジ・ゾエ        
-----------------------------------------------------------
※キャラクターリスト:『進撃の巨人』公式 サイトの登場人物ページを参照
※検索数:Yahoo!検索 2013年4月1日~2013年7月17日までの全デバイス検索数を利用


1位「ミカサ・アッカーマン」は、検索しているユーザーの約80%が男性、2位「リヴァイ」は、約90%が女性ということで、男性・女性それぞれに1番人気のキャラクターが上位にくる結果となりました。
皆様、予想通りの結果でしたか?


今後、各キャラクターを待ち受ける運命やいかに......!? というところも作品の見どころ。
検索数の数は、そんなファンの方々の気持ちが表れているかもしれません。

これからも、進撃の巨人から目が離せないですね!


■ご意見、ご感想お待ちしております

進撃の巨人テーマについて、「気に入った!」「ビックリ!」など、ご意見、ご感想などありましたら、ぜひTwitterへのツイート、またはFacebookの「いいね!」をお願いします。

これからもスマホ版Yahoo!検索をお楽しみに!


終わってみると、自民圧勝で幕を閉じた参議院選挙。

今回の選挙からインターネット上での選挙運動が一部解禁になり、多くの候補者がTwitterやFacebookでの選挙活動を繰り広げたようです。

それでは実際に、今回の選挙でSNSはどのくらい活用されたのでしょうか?
そしてSNS手練れであるTwitterユーザーは、どんな話題に興味を持ったのでしょうか?
Yahoo!検索(リアルタイム)のスタッフの目からいろいろと調査しました。

活動が活発だった候補者は?(つぶやき数・フォロワー数・被RT回数ランキング)

Twitterアカウントを所有している全候補者の情報、つぶやきを収集し、候補者のTwitterの活用をフォロワー数、つぶやき数、被RT数の3つの情報でランキングにしました。

最もSNS上で存在感があった候補は?
Twitter上でもっとも存在感を示した候補者は三宅洋平氏! 3つのランキングでともにランクイン。
"選挙フェス"など独特な活動で一気に話題となり、圧倒的な存在感を見せた三宅洋平氏。フォロワー数は急激に伸びたものの38,239フォロワー(9位)と上位とはやや差がありましたが、被RT数1位となる52,549RTを獲得した拡散性の強い発言を期間中に799件も発信しました。

続いて存在感を示した候補者は"ヒゲの隊長"こと佐藤正久氏。発言の回数は期間中262件(36位)と上位に比べて決して多くないですが、91,821フォロワー(4位)への定期的な発信は確実に拡散され、期間中に被RT数2位となる33,417RTを獲得し、効率よく安定感の高いTwitter運用を行ったと言えます。
また、同様に被RT数4位の山本太郎氏(つぶやき数188件、55位)、被RT数5位の三宅雪子氏(つぶやき数288件、32位)も大勢のフォロワーに対して発信して確実に拡散を繰り返し、安定したTwitterの活用を見せました。

多く拡散されたつぶやきとは!?(つぶやきRT数ランキング)

候補者が「プリキュアツイート!?」最もインパクトがあったツイートは?
Twitterアカウントを所有している全候補者のつぶやきを収集し、RT数が多く、広く拡散されたつぶやきを調べてみました。

ワンツーフィニッシュを飾ったのは、藤巻健史氏による7月10日の"スマイルプリキュア"発言と、"29歳の息子が勝手に打ちました"と発言を説明するつぶやき。

藤巻健史氏のつぶやきを除くと、被RT数1位の三宅洋平氏と2位の佐藤正久氏の発言が平均して高い拡散性を持っていることがわかりました。RTの多いつぶやきの上位100件中、三宅洋平氏の発言が33件、佐藤正久氏の発言が23件となりました。

候補者アカウント つぶやきRT数ランキング TOP5(調査期間:7/4~7/20)
1位 藤巻 健史 14,734RT (https://twitter.com/fujimaki_takesi/status/355165715768147968
「すみません。これ、29歳の息子が勝手に打ちました。 RT @fujimaki_takesi:スマイルプリキュア」

2位 藤巻 健史 10,444RT (https://twitter.com/fujimaki_takesi/status/355162714911424514
「スマイルプリキュア」

3位 三宅 洋平 1,914RT (https://twitter.com/MIYAKE_YOHEI/status/357748097968914432
「選挙に行かなかった人が自分で考えて選挙に行くだけで、浮動票2-3000万が自民党の組織票1700万で計算されている政治力学の『分母』を変える。だから、戦争や原発に賛成していない若者よ、自分で考えて選挙へ行こう。」

4位 山本 太郎 1,808RT(https://twitter.com/yamamototaro0/status/355198679302418434
「演説を終え、ツーショット撮影してる時に『自民党員ですが、今回はあなたに入れます』と。グッときた。シガラミがある人も、投票用紙に誰を書いたかはあなたしか知らない。 利害関係候補に入れた振りして、東京選挙区は、山本太郎にチャンスを下さい!」 

5位 三宅 洋平 1,735RT(https://twitter.com/MIYAKE_YOHEI/status/357304934879870978
「もし徴兵制になってうちの玄関に赤紙きたら俺は『断る』。それで『逮捕だ!』となったら、それも、断る。近所の若者たちにもそうしろと、教える。そして内閣の総辞職を、求める。石破さんなり、安部さんなりの家まで話つけに、行く。そういうつもりで、立候補しとるんじゃ。ぼけぇ。」

候補者アカウント つぶやきRT数ランキング 上位100件中のつぶやきランクイン数

三宅 洋平 33件
佐藤 正久 23件
井戸川 克隆 10件
山本 太郎 7件
森 ゆうこ 6件

選挙特番の中心は池上氏!

Twitter上では池上彰氏がメインキャスターをつとめたテレビ東京「池上彰の参院選ライブ」が大きな反響を呼びました。

つぶやき数の推移グラフを見ると、池上彰氏のするどい質問、番組の構成が大きな反響を呼び、複数回に渡って大きな盛り上がりを見せていることがわかります。

テレビ東京の特番で盛り上がった話題

最大のピークは21:58に放送された佐々木さやか氏に関するコーナーで、番組に関するつぶやきが1分間に1,666件も行われました。
その他にも渡辺美樹氏に関するVTR、"TRFメンバー「SAM」のいとこ"などのプロフィールが話題になった古川俊治氏、日焼け具合が話題になった石破茂氏、赤旗編集局へ訪れるコーナーなどが盛り上がりを見せ、1分間に1,000件程のつぶやきが行われました。特に、石破茂氏の日焼け具合についてはTwitter全体でも盛り上がり、"石破"というキーワードを含んだつぶやきが20:00~24:00の間に49,738件もつぶやかれました。

池上氏、サッカーも制圧!

また、フジテレビで放送された"サッカー東アジアカップ 日本VS中国戦"と、テレビ東京の選挙特番の盛り上がりを比較したところ、番組が開始した21:00~24:00関するつぶやき数はテレビ東京選挙特番が57,914件、サッカー番組が57,572件と、Twitter上でもっとも盛り上がるコンテンツのひとつであるサッカーよりもつぶやかれたという結果になりました。

テレビを見ながらリアルタイム検索!

「リアルタイム検索」スマートフォン版では、地上波テレビ番組の放送局の盛り上がりをグラフやキーワードなどで見られる「テレビ連携機能」を提供しています。
詳しいご紹介はこちら

選挙に、スポーツに、バラエティ番組に。
テレビを見ながらスマホを片手に、リアルタイム検索でテレビをもっと楽しみましょう!

こんにちは、Yahoo!検索プロジェクトのMです。

Yahoo!検索ガイドでの連載「勝手に判定! 検索から見える県民性」の第15回「一番履かれている男性用下着は『ボクサーパンツ』だった!」が公開されました。

今回は、男性下着の種類を検索から調査! その結果「ボクサーパンツの圧勝」ということがわかりました。しかし都道府県で微妙に異なるデータが......?

愛媛県出身のお笑い芸人、テルさんにもお話を聞いた「一番履かれている男性用下着は『ボクサーパンツ』だった!」、ぜひごらんください。

こんにちは、Yahoo!検索です。

今回は、「2013上半期検索急上昇ワードランキング」のご紹介です。テレビ、ニュースなどがきっかけとなって、検索数が急増したワードをいろいろなジャンルでピックアップし、ランキング形式でお届けします。今年の上半期を振り返ってみましょう!
※前日に比べて検索数が急増したワードがランキングの対象となります。

人名ランキング

1位にランクインしたのは「梅田賢三」。矢口真里の不倫相手として話題になりました。また、洗脳騒動からお笑いコンビ「オセロ」の解散へ至った「中島知子」が4位、お泊まり報道に対して丸刈り謝罪したAKB48の「峯岸みなみ」が7位に入りました。

俳優の堺雅人と女優の菅野美穂、ナインティナイン矢部浩之とアナウンサーの青木裕子など、今年も多くのカップルが誕生しています。急上昇ワードランキングでは、俳優の吉沢悠と結婚した女優の「桐山マキ」や、歌舞伎俳優の尾上菊之助と結婚した中村吉右衛門の四女「波野瓔子」など、これまであまり検索されていなかった人名が上位にランクインしています。

スポーツランキング

スポーツでは大きなイベントとして、惜しくも準決勝で敗退したWBCや、2014年サッカーワールドカップブラジル大会への出場を決めたアジア最終予選などがありました。急上昇ワードランキングをみると、イングランドプレミアリーグでアジア人初のハットトリックを達成した「香川真司」が1位、大リーグのニューヨーク・ヤンキースからドラフト指名された高校生「カトウ・ゴウスケ(加藤豪将)」が2位と、海外で活躍する日本人選手が上位に。

テレビ新番組ランキング

能年玲奈主演の「あまちゃん」、福山雅治主演の「ガリレオ」、10年ぶりに復活した「ショムニ」など、話題の番組が続々とスタート。そんななか、急上昇ワードランキングでワンツーフィニッシュを飾ったのは、「嵐」のメンバーが出演する番組。やはり「嵐」は注目を集めますね。

ニュース、時事問題ランキング

ニュース・時事問題で1位になったのは、全日本柔道連盟の理事を務めた「福田二朗」。現職理事が不祥事を働いたとして辞任を発表しました。また、2位の米ボストン・マラソンで起きた爆発事件や、6位のグアムの通り魔事件など、海外の事件もランクインしました。

いかがだったでしょうか。印象に残っているワードはありましたか? 気になるワードがあったら、ぜひ検索してみてください!
また、年末には「2013検索ワードランキング」を公開する予定です。こちらもお楽しみに!

今後とも、Yahoo!検索をよろしくお願いいたします。

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > 月別アーカイブの一覧>2013年7月の記事一覧