記事詳細 1件表示

2013年に検索数が多かった「新語・流行語大賞」ノミネート語TOP20

2013年11月29日 15:21

2013年12月2日に発表をひかえる「2013年ユーキャン新語・流行語大賞」。インターネット上で今年どれだけ興味を持たれ、調べられたのでしょうか。ノミネート語の検索数ランキングTOP20は、下記のようになりました。

「2013年ユーキャン新語・流行語大賞」ノミネート語の検索数TOP20

1位 パズドラ
2位 ビッグダディ
3位 ふなっしー
4位 PM2.5
5位 富士山
6位 アベノミクス
7位 ブラック企業
8位 今でしょ
9位 ダイオウイカ
10位 じぇじぇじぇ
11位 NISA
12位 ななつ星
13位 バカッター
14位 フライングゲット
15位 DJポリス
16位 お・も・て・な・し
17位 ハダカの美奈子
18位 ネット選挙
19位 ヘイトスピーチ
20位 倍返し

集計対象:「2013年ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた50語を対象
集計期間:2013年1月1日~2013年10月31日

「パズドラ」が2位に約8倍の大差をつけて首位!

検索数が最も多かったキーワードは、大人気スマートフォンゲーム「パズル&ドラゴンズ」の通称である「パズドラ」。2位の「ビッグダディ」の検索数に対して約8倍の大差をつけて首位になりました。また「パズドラ」は、若年層からの検索割合が高く、10代、20代による検索が6割を占めました。

今年も波乱万丈だった「ビッグダディ」が2位、非公認ご当地キャラ「ふなっしー」が3位に

2位には「ビッグダディ」がランクイン。離婚や元妻・美奈子による書籍の出版(『ハダカの美奈子』が17位にランクイン)など、その波乱万丈な生活ぶりが1年間を通して話題になったことが影響して検索数が伸びました。また「ビッグダディ」は、30代、40代による検索が約8割を占め、年齢が近い層から圧倒的に強い支持を受けていることがうかがえます。

3位には「ご当地キャラ総選挙 2013」で1位に輝いた千葉県船橋市の非公認ご当地キャラ「ふなっしー」がランクイン。2月5日から放送された飲料のTVCMへの起用で人気に火が付き、その日以降急激に検索数が増加しました。また「ふなっしー」と共に「中の人」というキーワードが多く検索されており、異彩を放つそのキャラクターの「中の人」にも高い注目が集まっていることがわかります。

「今でしょ」は前半に大流行!「じぇじぇじぇ」「倍返し」はドラマ最終回が検索数のピークに

8位にランクインした「今でしょ」は、今年に入ってから徐々に検索が増えはじめ、林修氏が出演した「笑っていいとも!」の放送をきっかけに、3月17日をピークとして今年前半に検索数が急増しました。

10位にランクインした「じぇじぇじぇ」、20位にランクインした「倍返し」は、ドラマの放送開始とともに検索され始め、それぞれのドラマの最終回を迎えた9月28日(『じぇじぇじぇ』の『あまちゃん』)と9月22日(『倍返し』の『半沢直樹』)に検索数のピークを迎えました。その後、ピークから比べると検索数は落ちましたが、現在も一定数検索されており、今年を代表する言葉として定着したことがうかがえます。

なお、Yahoo!検索ガイドの連載コンテンツ「トレンドサーフィン」内にも、ノミネート語をテーマとした記事がございますので、あわせてご覧ください。

3位 ふなっしー:人気のご当地キャラ、検索数で「ふなっしー」が独走中
4位 PM2.5マスクを通り抜ける!? 大気汚染物質に注意
5位 富士山:富士山の世界遺産登録に注目しているのは
10位 じぇじぇじぇ:「あまちゃん」ファンが気になる「じぇじぇじぇ」の顔文字とは?
11位 NISA少額投資非課税制度。話題の「NISA」ってどんな制度?
18位 ネット選挙:話題の「ネット選挙」、関心があることは......?
20位 倍返し:半沢直樹の「倍返し」、「バルス」的な楽しみ方が流行中?

カテゴリー:Yahoo!検索

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > 2013年に検索数が多かった「新語・流行語大賞」ノミネート語TOP20