記事詳細 1件表示

Yahoo!検索の2013年 年間検索ワードランキングを公開

2013年11月25日 14:00

こんにちは、Yahoo!検索です。

本日11月25日、Yahoo!検索で検索されたキーワードをランキング形式で紹介する「2013検索ワードランキング」を公開しました。

総合ランキングをはじめ、著名人やテレビ番組などのランキング、2013年の出来事を検索ワードとともに振り返るコーナーなど、盛りだくさんの内容となっております。

各ランキングの概要や見どころは下記の通りとなります。

総合ランキング

「総合」「画像検索」「動画検索」「知恵袋検索」「スマホ検索」のランキングのほか、「リアルタイム検索」や「きっず検索」のランキングもコラムとして紹介。

「総合ランキング」で1位に輝いたのは、6年連続で「YouTube」。以下、2位に「Amazon」、3位に「Facebook」と、おなじみのワードがつづきます。「画像検索ランキング」では、妖艶な魅力で多くの男性を虜にした「壇蜜」に注目です。

また、「きっず検索ランキング」では、「昔の道具」などの学校で習うワードや、あの戦国武将も登場します。Yahoo!きっずの「クリスマス特集」内、「2013年にみんながよく調べた言葉」でも紹介していますので、あわせてご覧ください!

人名ランキング

「男性」「女性」「スポーツ選手」のランキングのほか、「ご当地キャラ」のランキングもコラムとして紹介。

「あまちゃん」でヒロインを演じた「能年玲奈」や、2014年ワールドカップ出場をかけた試合でPKを決めた「本田圭佑」などなど、今年話題になった人たちがたくさん登場します。また、今年に入り検索数を伸ばしている千葉県船橋市非公認のご当地キャラクター「ふなっしー」も注目です。

エンタメランキング

「テレビ番組」「ゲーム・アニメ」「映画」のランキングを紹介。

今年は、国民的ブームを巻き起こした「あまちゃん」や、劇中のセリフ「倍返し」が流行した「半沢直樹」といった大ヒットドラマが誕生。
2012年に「テレビ番組ランキング」で1位になった「梅ちゃん先生」や、2011年の1位「JIN -仁-」の検索数と比べても、いかに注目されていたかがわかりますね。

検索ワードとともに振り返る2013

2013年に起こった出来事を、検索数が急増したワードとともに時系列で紹介。

今年も富士山の世界文化遺産登録や、ヤンキース・イチローの日米通算4000本安打達成、宮崎駿監督の引退表明など、いろいろありましたね。その中でも、日本中が盛り上がったのが2020年東京オリンピックの招致決定。発表当日の「オリンピック」の検索数は、過去の本大会をも上回る数値を記録しました。

今年も残すところ、あと1カ月あまりとなりました。今後ともYahoo!検索を、どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー:Yahoo!検索

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ

ブログトップ > Yahoo!検索の2013年 年間検索ワードランキングを公開