記事詳細 5件表示

謎のポスター

10月頃から、私たちYahoo!検索のメンバーは、行き帰りに六本木駅で不思議なポスターを目にしていました。

「日本最大のポータルサイトの諸君。」とは明らかにYahoo! JAPANのことです。

「急上昇ワードのピックアップを頼む!」は、Yahoo!検索の 急上昇ワード への完全な私信です。「頼む!」って言われても、そもそもおまえ誰だよ......。

このポスターの存在についてオフィスで怪訝(けげん)な顔で話している私たち。すると突然ドアが開き、息を切らせたYahoo!検索のメンバーがこう叫びました。

「Google検索へ向けたポスターまであります......!」

Yahoo! JAPANのオフィスは六本木駅の北側、Googleさんのオフィスは六本木駅の南側に存在します。半信半疑で現場に急行すると、Googleさんがある側の駅構内にこんなポスターが貼られていました。

注目すべきは、検索ボタンがYahoo!検索とGoogle検索でちゃんと区別されている点です。

「未来は、ヤ○イ」というこのポスターは他にも6種類が存在します。実際に 「未来は、ヤスイ」 などで検索すると、アクの強い動画がYouTubeで公開されています。

このポスターを掲出したのは何者なのだろう......と眺めていると、ポスターの隅に小さく「SEIYU」の文字を発見しました。西友がYahoo!検索にメッセージを送ってるの!?

というわけで、その真意を確かめるべく、合同会社西友様の本社にうかがい、マーケティング本部マーケティングコミュニケーション部の木村真琴さんにお話をうかがいました!

合同会社西友 マーケティング本部マーケティングコミュニケーション部 木村真琴さん

「感度が高い方に触れていただきたい」

――おお、ポスターの小さい版が!

木村さん こういうこともあるかと4分の1版を用意しておきました。西友のロゴは小さくしたんです。8種類中2枚にしかロゴがなくて、どこのポスターかも考えていただこうと思いました。

――明らかにYahoo!検索に向けた御社のポスターを六本木駅で見たのですが......。

木村さん 社内の皆さんは気づいてくださるとは思っていましたが、取材は予想していませんでした(笑)。社内で話題になってくれたら御の字なんです。見てもわけがわからないと思うんですよ、動画もナンセンス系ですし。これは実はティザーなんです。ティザーとしての役割を担うので、お客様には気付かれなくてもいいんです。六本木にある2社(Yahoo! JAPANとGoogle)に気づいていただけたらいいなと思いました。他には、実は東大の学食のトレイにも出してるんです。4、50の大学のコピー機にある「タダコピ」の裏表紙にも出しています。

東京大学の学食用トレイ

「タダコピ」裏表紙

――なぜYahoo! JAPANとGoogle、そして大学生をターゲットにしているのでしょうか?

木村さん 「感度が高い方々」というくくりです。感度が高い方に触れていただいて、後で本編を見て「あれか!」と気づいてくれたらいいなと考えました。先に知ってる情報は、言いたくなりますよね? 六本木の皆さんや、学食やコピー機で見た人に思い出してもらえたらと考えました。

――けっこう対象が狭いと思うのですが、それなのにこんなに大々的にポスターを展開しているのですか?

木村さん 全体の投資から見たら高いとは思っていません。一駅と、ひとつの学食、ひとつの媒体ですから。Twitterでも話題になっていますが、プロモーション広告でもリツイートが多いんです。1800リツイートとか行ってますね。

――Yahoo! JAPAN側とGoogle側とでポスターが違いますよね?

木村さん 検索ボタンはこだわっている部分ですね。その会社の人は一目でわかりますよね。「急上昇ワード」は御社の特徴をたくさん考えました。「ポータル」はすぐ出てくるけど、「急上昇」はうまく特徴を出せたかなと思います。一般の方も見るので、御社の宣伝にもなるかと(笑)。事前に許可を取るのは難しいかなと思いましたが、これならOKなラインかなと考えました。素直に反応していただけてうれしいです(笑)。

――そもそも、今回Yahoo! JAPANとGoogleの検索を利用しようとしたのはなぜでしょう?

木村さん 今回は動画まで、完全に検索のルートしかないんです。ならば御社とGoogleしかないだろうと。この検索ワードをオーガニックで入れる人は少ないですし、これを見たい人しか検索しませんから、リスティング広告を出しました。非常に高い率で見ていただいています。

――なぜYouTubeの動画に誘導しているのでしょうか?

木村さん リアルの場では動画は見せられないなと考えました。プッシュとしての動画と、ランディングページとしての検索というシンプルな構造です。ポスターは、動画を見てもらうために力のあるビジュアルですね。

「社内の説得は二の次でやってました(笑)」

――これまでの御社のキャンペーンとは雰囲気がかなり異なりますね。

木村さん まず決まっていたのはティザーをやることでした。本編の話はできないので、どうやってインパクトを残すかを考えました。動画の作り手の中でも、 AC部 は「鳩(はと)に困ったら雨宮」を作っていて、すごいインパクトがあるので作風で選びました。

――今回の企画がよく社内で許されるなと驚きました。

木村さん 社内の説得は二の次でやってました(笑)。かなり実験的であることは間違いないです。見切り発車です。見切り発車です。二度言っちゃいました(笑)。でも、実際に見たら「すごい」となるので、ティザーは本編を温めるものですね。西友の現在は語ってないし、店内にもないし、西友のサイトにもないです。あくまで気づいた方の記憶に残っていればいいんです、「西友は未来について面白いことをやってるな」と。勝算があると思ってやっていますし、それを最大限に発揮するにはトラフィックの多い御社やGoogleさんかなと。「敏感なはずだ」と勝手にラブレターを送りました、公共の場で(笑)。

――そのラブレターを受け取ってうかがいました(笑)。このポスターや動画に出てくる「スパイラル・カミガタ」のモデルはいるのでしょうか?

木村さん いないんじゃないですか、知りません、美男子ですよね(笑)。クリエイティブの方にお任せして、8、9割完成していた段階で初めて見ました。「戻る」という概念がなかったんです。そこに口を出さないつもりで制作をお願いしていました。AC部が間違いなく理解して表現してくれると思っていました。

スパイラル・カミガタ

――「未来は、ヤ○イ」とあって、動画が用意されているのはヤスイ、 ヤバイヤヨイヤサイヤタイヤセイ ですね。このチョイスの理由は?

木村さん 西友だから「安い」は入りますが、その他はクリエイターの皆さんにお願いしました。ここも勢いですね。クリエイティブ主導です。

――ヤエイ、ヤオイ、ヤケイなどは考えなかったのでしょうか?

木村さん ヤオイはさんざん言われましたね、気づいてませんでした。ごめんなさい。作りたい方が作っていただければいいかと(笑)。こういう余白が十分あるのも、Twitterでつぶやかれるポイントだと思います。突っ込みどころ満載ですよね。そこが重要です。動画のスパイラル・カミガタの登場シーンもいろいろあります。いい意味での「間違い」だらけなんです、それはクリエイティブのアイデアを採用しました。

――ヤフイはどうでしょうか......?

木村さん ヤフイってどういう意味なんですか(笑)。御社ではやらせていただければ次は絶対使わせていただきます(笑)。

西友の店内でXTCが流れている理由

――最近、 「西友に行くとXTCが流れている」 と言う声が多く見られます。店内の選曲はどなたがしているのですか?

木村さん 私が2年前に ピーター・バラカンさん にお会いしたんです。講演を聞く機会があって、質問をしたときに「うちの選曲もしてくれませんか」とダメ元でお願いしました。当時ピーター・バラカンさんが執行役員だったInterFMのディレクターさんに選曲していただけることになって、それ以来テーマに対して選曲していただいています。

――西友さんの 店内BGM の曲目を見ると、XTCのほかにも、ダニエル・ラノワ、スミス、マシュー・スウィートなどの楽曲があります。客層に合っているのでしょうか......?

木村さん 合ってないと思います。「いかに長く滞在していただくか」、これだけなんです。店内BGMは、「あれを買え」とうながしたり、ブランディングにこだわったり、インストルメンタルを流したりするお店もありますが、われわれはBGMで普通のスーパーでは流れない、心地よい通好みの曲を流すことで「長くいていただきたい」と思っています。「こんなの流れたんだ」と反応していただける音楽を選ぼうと思いますし、楽しみにしていただけるとうれしいです。

取材を終えて

こうして私たちは、後日ポスターを送っていただけることになり、西友本社を後にしました。木村さん、ありがとうございました!

意図的に狭い層をターゲットにし、クリエイティブ主導で制作された「未来は、ヤ○イ」のポスターと動画。そのワイルドな姿勢には、私たちも学ぶべきものがあると感じました。店内BGMにも独自の美学を感じます。今後の本編を楽しみにしつつ、まずはティザーである「未来は、ヤ○イ」の動画を楽しみましょう!

こんにちは!

いつも Yahoo!乗換案内 (以下、乗換案内)と Yahoo!リアルタイム検索 (以下、リアルタイム検索)をご利用いただきましてありがとうございます。
本日はこの2つのサービスから重大な発表をさせていただきます。

なんと乗換案内とリアルタイム検索は

......

エンジニアの経験者採用を始めます!
そこで開発現場と職場環境をご紹介したいと思います。

乗換案内の開発現場ってどんなところ?

「作って、動かして。直して、また動かして」

そんな「あーでもないこーでもない」をワイワイと繰り返す。
企画・制作・開発などの職種関係なく、とにかくみんなでディスカッションをしながら開発していくのが乗換案内の開発現場です!
試行錯誤を重ねてリリースしたものがレビューなどでいい評価をいただけたときは本当にうれしくなります。
そんなユーザーファーストのものづくりを実践していった結果、日本最大級の乗換案内アプリにまで成長できました!

乗換案内ではスマートフォンアプリエンジニアを募集していますが、単にスマートフォンアプリの開発といってもiOSやAndroidアプリの開発だけにはとどまりません。
使用するWebAPIについても自分たちで設計、開発をしています。
なので、アプリ、サーバーサイドなど幅広い知識と経験を身につけることができますよ!
また毎年AppleのWWDCに参加するなど、社外に飛び出しての活動ができるのも特徴です。

リアルタイム検索の開発現場ってどんなところ?

「今起こっていることを全て可視化する」

それがリアルタイム検索のミッションです。
TwitterやFacebookから送られてくる膨大なデータ。それはそれはものすごいデータ量です。
このデータを「情報」にし、世の中の楽しく便利にする。
これがリアルタイム検索のお仕事です。

  • 流れてくるツイートを解析してバズワードを抽出し、今何が盛り上がっているのかを可視化
  • 路線に関してのツイートを解析して、電車の遅延状況を可視化
  • ツイートの感情を分析して、トピックがポジティブに語られているのかネガティブなのかを可視化
  • 現在放送中のテレビ番組に関するツイートを抽出し、番組に関する反応を可視化
  • etc......

ユーザーに提供したいのは単なる「ツイート検索」ではなく、「リアルタイム検索」。
検索キーワードに関するツイートを表示することはもちろんですが、膨大なデータのなかから価値あるものをいかにみつられるか。
職種を超えて、試行錯誤と議論しながら開発していく毎日なのがリアルタイム検索の現場です!


スマートフォンアプリや、Webサイトの開発はもちろんのこと、
リアルタイム検索では大規模システムの開発と運用やデータ処理技術、検索エンジン、サイエンスなど幅広く使っているので多くの経験を積むことができますよ!

職場環境

職場環境ですが、一言でいうと「明るい!」です。
静まり返った雰囲気はあまりなく、座席も企画・制作・開発が混ざって座っているため、気軽に誰とでも話ができる環境だと思います。
仕事の話はもちろん、ときには雑談も!(そして無駄に盛り上がりすぎるときも......笑)
活発なコミュニケーションでいろんな人の意見を多く取り込み、開発していけるような環境ですよ!

最後に

どれか1つでもピンと来た方、ぜひ私たちと一緒に世の中を便利に、ちょっと楽しくしてみませんか。
乗換案内募集要項は こちら
リアルタイム検索募集要項は こちら
皆さまのご応募、お待ちしております!

8月のある日、Yahoo! JAPANのオフィスに誰かがやってきました。
スーツを着ているけれど、中途採用の社員にしてはちょっと変ですね......?

テッドだ!
映画 「テッド2」 が8月28日から全国ロードショーのテッドです!

IT企業っぽくパソコンを操るテッド。
「取り急ぎYahoo! JAPANのトップニュースをオレ一色に...手がモフモフでキーボード打てねえ!!」
その手だとタッチパネルでも無理かもね......。

なにやらベルトを装着したテッド。
「プレイ!? なにかのプレイが始まる予感!?」
と勝手に興奮するテッド。

そう、Yahoo! JAPANが誇る、検索ワードと連動してダイナミックに動くマシーン 「トレンドコースター」 です!
「でけえ! かっけー! 未来とか行けそう! でも全然動かねえ!」
ご期待に添えずごめんなさい、テッドは身長制限に引っかかるため乗車できないのですよ......。

ふてくされたテッドが、豪華なイスに寝転がりました。
「BIG IDEA CHAIR」という、 「インターネット クリエイティブアワード」 でグランプリを獲った人のみが座れるイスなのですが、テッドもトップクリエイターの産物だから、まぁいいかな......。

だるそうにスマートフォンを取り出したテッド。
その画面は......ちゃんとYahoo!検索の きせかえテーマ でテッド仕様にしてあります!

スマートフォンのYahoo!検索で 「ted2」と検索 すると、検索結果画面がテッド仕様になります!
みなさんもぜひご利用ください!

帽子をゲットしたテッド。
背後にいるどこかのペンギンから奪ったのですが、あまり触れないようにします。

Yahoo! JAPANのカフェにあるハンモックで熟睡するテッド。

木のテーブルの上でも熟睡するテッド。
「住めば都」とはよく言ったものですね......。

爽快に目覚めた後は、Yahoo!検索の女性スタッフにモテモテのテッド。
すっかりごきげんです!

機嫌がいいので、テッドがYahoo!検索の宣伝に協力してくれました。
みなさんも 「テッド2」 でぜひ検索してください!

また、Yahoo!検索ではホーム画面やキーボードをテッド仕様にできるツールもご用意しています。
こちらもぜひご利用ください!

ホーム画面を着せかえ
【Android限定】 http://yahoo.jp/a2NNBP

キーボードを着せかえ
【iOS】 http://yahoo.jp/9TdDK5
【Android】 http://yahoo.jp/nhncqs

5月15日のエントリー 「アメがたくさんあります。」 に端を発した SmartSearch のアメ騒動。「まだ終わってないのかよ」という皆様の声が聞こえてきますが、今度こそグランドフィナーレです!

タカラトミー様@takaratomytoys )にもアメをお送りしたところ、いろいろ活用していただきました。

そしてYahoo!検索に送っていただいたのは......6月にタカラトミー様から発売される 「超速銃撃ロボットホビー ガガンガン」 です!

Nさんへの手紙も同封してくださいました。

銃撃バトルロボットと操縦桿(そうじゅうかん)コントローラー。2台で遊びます。

電池も装着。電池までタカラトミー様が同封してくださいました......!

機体にシールも貼ってバトル準備完了です!

攻撃を受けるとダメージランプが赤く光ります。

会議室もあっという間に戦場です。30発撃つと弾切れになり、チャージのために約2秒のリロードが必要となります。

相手の機体に体当たりして転倒させれば一発KO。ただし脚が組み合わさると、それも難しくなるので要注意です。

浅田飴様からいただいた「シュガーカット」を置いて、険しい戦場感を出してみようとしたところ、単に2台ともぶつかって動けなくなっただけでした......。

プレイ中の動画はこちらになります。デスクを並べてもまだ狭いので、結局フロアでプレイしました。

今回、Yahoo!検索を代表して、1日の特訓後に操縦してくれたふたりに話を聞いてみました。

Aさん「操作がシンプルなだけに、子供から大人まで楽しめると思います。コントローラーがちゃんとした操縦桿なのが子供心をくすぐると思いますね。」
Bさん「いかに相手の後ろを取るかがポイントなんですけど、後ろを取られても相手を倒せば勝ちなので、一発逆転チャンスがありますね。」

「超速銃撃ロボットホビー ガガンガン」、ぜひ皆様もお楽しみください!

こうして、あの大量のアメすべてが賞味期限の5月中に配られ、解決することができた #例の飴 。ご協力いただいた各社をはじめとする皆様のご厚意のおかげです!

そして、席替えのたびに大量のアメを抱えて移動していたものの、ついにアメを配り終えたNさんから、皆様への御礼のコメントが以下になります。

「ふとしたぼやきから始まったこの記事が、こんなに反響が大きくなるとは正直思っておらず、戸惑うと同時に、この短期間でたくさんのすてきな出会いがあり、大変うれしく思っております。
困ったときに助けてくれるのはやはり『人』ですね。
今回、ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!!!

PS.『例の飴』ではなく、『SmartSearchの飴』で覚えていただけるとうれしいです......!」

今後ともYahoo!検索、そしてSmartSearchをよろしくお願いします!

5月15日のエントリー 「アメがたくさんあります。」 に端を発した SmartSearch のアメ騒動。まだ話は続いています!

「#例の飴」 をトリンプ様にお送りしたのは先週のこと。

すると、トリンプ様から何かが送られてきました。

パッケージを開けてみましょう。

これは......? 広げてみましょう。

そう、 「女性をフリーダムにするストレスフリーで快適なトリンプの女性下着ブランド、スロギー(sloggi)」@sloggi_jpn )のサンプルです!
たくさん送っていただき、ありがとうございました。

余談ですが、オフィスで女性下着を広げて撮影していると、周囲から容赦なく白い目で見られることも実感いたしました。

そんなわけで、週末にスロギー(sloggi)を着用してくれた女性社員の皆さんに感想を聞きました。

Aさん「よく伸びてぴったりフィットします。締め付けがなく、さらっとしているし、ピッタリしたTシャツでもラインが気にならないのが良いです! 夏に重宝しそう。」

Bさん「肩や脇の存在感がないです。バドミントンをしてもずれることを意識しなくてよかったです。汗だくになったけど、サラッとしていました。洗濯してもすぐ乾きました。とにかくつけ心地が軽かったです!」

Cさん「普通のブラと比べ肩ヘの負担がほとんどないことに驚きました。あと、生地もなめらかで肌触りが良かったです。」

Dさん「想像以上につけ心地感がなくてマジでビックリしました! つけ心地感が全然ないのに胸全体をしっかり支えられていて正直、毎日使いたいです。『スロギーちゃん......恐ろしい子......!』( ガラスの仮面 参照)
シームレスな下着は使った事はあるのですが、ブラは初めてだったので、これからの薄着になる季節にうれしいです。特に夏はワイヤーとの接触面がムレやすくて嫌なので今年の夏はスロギーに頼ってみようとおもいます!(リアルに買い足します!)
あと、紐(ひも)の部分がタンクトップっぽく見えるので、ちら見えしても平気なところもうれしいです。」

Eさん「総じて私はすごくつけ心地含めてよかったです!!
・肌触りがよい
・つけている感じがしない
・Tシャツなどを来た時に、ラインが気にならない
・いろんな色があるのでシーンで使い分けたい、と思いました。」

Fさん「フィット感があってとても軽いので、つけているのを忘れるくらいでした! おうち用の下着に最適だと思います!! こんなにつけてる感のない下着は初めてでした!」

そんな大好評のスロギー(sloggi)。
また、完全にわらしべ長者企画と化したこのアメシリーズのなかでも、アメからの変化が特に激しいことにも深い感慨を抱きました。

これが

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

こうなる

トリンプ様、スロギー(sloggi)をありがとうございました!

さて、「#例の飴」もいよいよクライマックス。以前にも同じことを書いた気がしますが、次は本当です! 引き続き @YahooSearchJP をフォローしてお待ちください!

当ブログについて

Yahoo!検索スタッフブログは、Yahoo!検索の新しいサービスのお知らせ、検索データの分析レポート、検索関連の読み物コンテンツ情報などをお届けしています。

ブログ内を検索

ページのトップへ